Google タグマネージャー解説│Web制作会社のタグマネージャー関連コラム

Columnコラム

SEO・SEM

今さら聞けない、Google タグマネージャ活用方法

今さら聞けない、Google タグマネージャ活用方法

2016/04/01
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
育児に家事に大忙しのディレクター、望月です。

今回は、Google タグマネージャについて解説していこうと思います。

知っている人は知っていると思いますが、Google では、Webサイトに貼り付けている様々なタグを、ひとまとめに管理できるツールを配信しているんです。それが Google タグマネージャ というものでして、各ページの色々なタグを、専用の管理画面から一括管理できます。
今回は、こちらのツールについて最初から解説していきます。

❛❛Google タグマネージャとは、analytics や Adwards など、Webサイトの管理や解析に必要なタグ情報をひとまとめに管理し、編集できるサービスのことです。Google の提供するタグ以外に、他社サービスのタグもまとめて管理することが可能です。大規模で、Webでの戦略・改修を頻繁に行っているサイトにとって、とても有効なサービスです。❜❜ 

タグの管理は面倒

いまや、無料のアクセス解析としては最も普及している google analytics ですが、このサービスが普及した理由は、無料で多機能であることの他に、ページに1つタグを埋め込めばすぐ計測できる、という手軽さが大きいと思います。

といっても、長く利用している方はわかると思うのですが、この解析タグは、新しい機能を使おうと思うときや、解析するWebサイトの環境が特殊な場合などには、タグをカスタマイズする必要があり、それはとても地味で面倒な作業となります。
サイトの管理を外部委託業者に任せている場合は、タグを少しかえるだけでも、その業者に毎回依頼をしなければ行けません。

また、リマーケティングタグやAdwardsのタグなど、一部のページだけに貼り付けるタグもいくつか存在します。
そういった個別指定のタグは、ページの更新やWebサイトのリニューアル時に、つい忘れてしまいそうになります。

長期にWebサイトを管理していると、管理者や外部委託会社が変わるタイミングも発生します。その際に、各ページのタグの管理をきちんと資料に残していないと、誰も管理していない...という怖い状況にも陥ってしまいます。

などなど、意外と面倒な問題を解決できるのが、タグマネージャになります。

初期設定方法

上記のとおり、タグマネージャは様々なタグの管理を一括で行うことが可能です。
最初に、タグマネージャが発行するタグを全ページに設定すれば、あとは管理画面から新しいタグを登録していけば、自動的に関連付けされて機能していきます。

具体的に、設定方法を解説していきましょう。
mochizuki_201603201.pnghttps://www.google.com/intl/ja/tagmanager/


こちらが、登録画面です。上記URLにアクセスして頂くと、表示される画面です。
「今すぐ登録」をクリックしましょう。(事前に、設定したいサイトのgoogleanalytics のアカウントにログインしていると後の設定がスムーズです。)
mochizuki_201603202.png

最初の画面です。今回のデモ画面では既に1件登録されているので、その情報が表示されています。

新しくサイトを登録するので、左上の「アカウントを作成」をクリックしましょう。

mochizuki_201603203.pngアカウント登録画面です。
「アカウント名」に、サイトの内容がわかる名前を入れましょう。
mochizuki_201603204.png英語で利用規約の同意画面が表示されます。
2015年に日本語対応していますが、このあたりはまだ英語のままです。
同意しなければ登録できませんので「はい」をクリックします。
(※規約が気になる方は、日本語訳してチェックしましょう)
mochizuki_201603205.pngタグマネージャ用のタグが発行されます。
このタグを、analyticsの時のように、全ページに設定しましょう。
mochizuki_201603206.pngこれで、初期の設定が終わり、アカウントが登録されました。
次に、このアカウントで管理したいanalyticsの情報を登録します。
「新しいタグ」をクリックしましょう。
mochizuki_201603207.png現在登録できるサービスが一覧で表示されています。
今回は googleanalyticsの想定なので、一番左上のボタンをクリックしましょう。
mochizuki_201603208.png次に、タグの種類とトラッキングIDを登録します。
ここ数年で新規で登録したサイトであれば、ほとんどユニバーサルタグだと思いますが、念のため確認しましょう。
トラッキングIDとは、analytics の登録サイトごとに発行される「UA-XXXXXXXX-X」のナンバーのことです。
mochizuki_201603209.pngここまで設定を行えば、ダッシュボードに戻って、計測が可能になります。
ただし、あと1つだけ作業が残っています。

最後に、右上の「公開」をクリックして、タグを有効化させましょう。
これを忘れてしまうと、タグマネージャのタグが機能しませんのでご注意ください。

いかがでしょうか。
もし他にも登録したいタグがありましたら、同じ手順で登録していけば、関連づけされていきます。

初期設定おわり

今回は、初期設定のみの解説になりましたが、今後少しずつ、各設定について解説していこうと思います。
きちんと設定を行えば、管理が楽になりますので、丁寧に時間を取って行いましょう。

関連するサービス

SEO対策・SEMサービス

Webコンサルティングサービス

Webマーケティング支援

text_totop