Webブラウザ知識│Web制作会社のWebブラウザ関連コラム

Columnコラム

Web制作

ブラウザの種類と脅威!

ブラウザの種類と脅威!

2015/04/21
このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月のリバウンドが元に戻ったのは良いけれど、そこからいっこうに体重が減らないコーダーの須澤です!

普通に生活していて、食事を我慢するわけでもなく、食べ過ぎているわけでもない状態で、
体重が減らないということは、、もう運動するしかなさそうです(笑)

まずは、筋肉量を増やすところから始めようと思います!
そのためにはたくさん食べなくちゃ!!とならないように注意もします、、、

3日坊主にならないように宣言します!

「毎日寝る前に50回の腹筋をやってから寝る」

痩せるためにこのコラムを使うのは違っていますが、、、
次回の記事で報告できるようにします!

今回は、多く存在しているブラウザについて書いていこうと思います!

ブラウザとは??

まず、ブラウザとは何なのかと言うと「ホームページを表示するもの」です!
有名なものでは、Internet Explorer(IE)があります。

※一般的にも同じ呼び方かもしれませんが、WEB業界ではアイイーなんて呼んでいます。

Windowsのパソコンを買うと標準的にインストールされているため、かなり有名になりました。

知っている人も多いかもしれませんが、ブラウザはこのIE以外にもいくつか存在していて、
それぞれ違う会社が開発をしていて、パソコンがインターネットに繋がっていれば、
簡単に手に入れることができます。

パソコンを使う人は、いくつかあるブラウザの中から好みのものを使って、
インターネットを見ることができます。

どんなブラウザがあるのか??

さて、IEの他にどんなブラウザがあるのかですが、
代表的なものをいくつか上げてみます。

・Chrome(クロム)
・Firefox(ファイヤーフォックス)
・Opera(オペラ)
・Safari(サファリ)

最近では、クロムでインターネットを見ている人の数が増え、
当サイトへのアクセスもChromeの数がIEとほぼ同じになりました。

数年前ではブラウザのシェアはIEが独占していたため、あり得ない数値です。
恐るべしGoogle。

burauza_150415_01.png

それぞれ、良い所、悪い所があって、ホームページの表示も若干ではありますが違いもあります。
以前の記事でも書きましたが、この表現の違いが、HTMLを作成する人にとっては脅威となるのです。。

WEB業界で有名なブラウザといえば?

脅威となると書きましたが、今までで一番脅威となったブラウザといえば、間違えなく「IE6」です!

brauza_150415_02.jpg

Web業界の人であれば誰でも、というのは言い過ぎかもしれませんが、

お打ち合わせでお客様から、

「今回の対象ブラウザはIE6以上でお願いします」

と言われると、顔色が曇ると思います。
是非試してみてください(笑)

なぜこんなに脅威なのか、簡単に説明しますと、
IE6はガラケーで他のブラウザがスマホと考えると分かりやすいかもしれません。

要は、IE6は独自の表現力があって、IE6のためのサイトと
それ以外のブラウザのためのサイト2つを作る必要があるということです。

評判が悪いIEは進化を遂げてIE7、IE8と改善がなされていき、今はほぼ同じ表現をしてくれますが、
当時は本当に大変でした。。。

今後もブラウザの進化は止まらないと思いますが、各ブラウザできれば同じように進化してもらいたいものです、、

関連キーワード
text_totop