売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Web productionWeb制作

Facebookマーケティング支援

既存ユーザーとの「繋がり」を深め、新規ユーザーの獲得にも活用!国内アクティブユーザー2,700万人にアプローチ

利用ユーザー数も然ることながら様々な年齢層も利用しているFacobookは、多くのターゲットにアプローチすることが可能です。ティファナでは、培ってきた様々な経験や知見を活かし、お客様の目的に合ったFacebookマーケティングをご提案致します。

Facebookマーケティングのメリット

  • 既存ユーザー、顧客との「繋がり」を深める事ができる
  • サービスやブランドの「ファン化」が可能
  • アプローチしたいターゲット層にピンポイントで広告配信をすることが可能
  • SNS特有の「シェア」で、ファンから不特定多数のユーザーへの拡散が可能

Facebookマーケティングの3つのポイント

1.「ファン化」していきたいターゲットを明確に決める

Facebookユーザーは、アカウント登録の際に年齢・性別・住んでいる場所・興味が有る分野などの多くの情報を登録しています。そのため、通常の広告配信よりもより個々の「興味」を特定して広告配信などのアプローチをすることが可能です。ターゲットを明確に定めず記事投稿や広告配信をしてしまうと、ファン化したユーザーからの「シェア」を見込むことは出来ません。Facebookマーケティングを成功させるには、年齢・性別・趣味嗜好などのペルソナ設計を十分に行い、定めたペルソナが興味を持つコンテンツや広告を配信することが重要です。

2.ファンを大切にすること

Facebookの特徴は、ユーザー数やターゲティングの細かさだけではありません。Facebookは、各企業やブランド、個人の自己表現や発信のための場であり、それらに対しユーザーがリアクションをすることで「Facebookを通じたコミュニケーション」が成立します。そのため、自らがコンテンツ発信をして「いいね!」を獲得するためにFacebook運用をするのではなく、自社サービスやブランドに対して反応しているユーザーや、発信しているユーザーに対して企業自らがリアクションをすることが必要です。ユーザーは自らの発信に興味を示したユーザーを意識し始めるため、リアクションをしてくれているサービスやブランドにも次第に興味を示し、最終的に「ファン化」に繋げることが出来ます。

3.運用担当者のモチベーション維持

自社のWebサイトのコンテンツ更新や、ソーシャルメディア運用には必ず担当者が必要になります。どの企業も頭を抱えているのは、Facebook担当者になる社員のモチベーション維持を行い、意欲的にコンテンツを考え発信させることをルーティン化させることです。運用担当者が意欲的で無いコンテンツは、ユーザーも興味を示さないでしょう。そこで、ティファナでは運用担当者の負担をより経験するべく、企業担当者のFacebook運用パートナーとして蜜にコミュニケーションを取り、Facebookマーケティングを成功させるべく進行しております。

綿密なヒアリングを実施し、ペルソナ設計から運用レポートまで幅広く対応

ティファナでは、Facebook運用するには「明確なターゲットの決定」が必要不可欠と考えています。そのため、曖昧なターゲティングではなく明確にターゲットを定めるところからスタート致します。 そのために、担当者様やマーケティング部門のご担当者様などに綿密なヒアリングを実施させていただき、ペルソナ設計やプロジェクト計画書、プロジェクト開始時のPDCAサイクルの設定や経過レポートのご報告まで、幅広くお客様のご要望にお応えできるよう体制を組んでいます。「そもそも何から始めたら良いのか分からない」 「Fabebookページは作成したけど活用出来ていない」など、Facebook含めSNSの活用でお悩みの方はお気軽にご相談ください。


関連コラム

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop