売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Web productionWeb制作

採用サイト・リクルートサイト制作

求職者から「この会社が良い!」と選ばれる企業PRを可能にします。

年長者の大量定年退職や2020年の東京オリンピックに向けた労働力確保の動きが影響し、今や求職者の1人に3人が内定を持つと言われる超売り手市場の時代となりました。そんな現代で、優秀な求職者を迎えるためにも、採用サイト・リクルートサイトの充実化が必須となります。

採用サイト・リクルートサイトのメリット

  • 欲しい人材に自社の魅力を明確にPRできる。
  • 求職者へ対し、自社の理解を促せる。
  • 自社の採用サイトリクルートサイトで囲みこむことによって、選考中の離脱を防止できる。

採用サイト・リクルートサイトの3つのポイント

1.変わる求職者の価値観に合わせ、掲載内容は常にブラッシュアップ

求職者が就職先に求めることと言えば「ネームバリュー」「高給与」「短期間での成長」でしたが、そんな価値観はもう一昔前の話となりました。今の求職者が魅かれる就職先とは「ライフワークバラン」「安定」「チームワーク」のある会社なのです。そんな時代によって移り変わる求職者の価値観に合わせ、採用サイト・リクルートサイトは常にブラッシュアップしていく必要があります。作ったまま・去年の流用では、求職者へのアピールが不十分となり、他社へ人材を持っていかれてしまいます。

2.自社の社風やビジョンを明確に示し、ミスマッチを防ぐ

入社早々に退職してしまう人の割合は依然30%代を保っています。入社から3か月程度で退職する人の理由として特に上げられるのが、「思っていた・イメージしていた仕事と違う」「社風が合わない」「自分の目指している姿と違う」といった、ミスマッチが原因となる内容です。入社後の早期退職は企業・社員共に影響が大きいため、応募する前からミスマッチを防ぐよう、採用サイト・リクルートサイトで社風やビジョンを明確に示しましょう。

3.「この会社だけの人・環境」を見せることで、他企業と差別化を図る

求職者が採用サイト・リクルートサイトでよく見る、ものといえば、「募集概要」や「仕事内容」などのコンテンツが思い浮かぶと思いますが、無論それだけではありません。コンテンツという塊だけでなく、そのサイトで使われている社員であろう人物の画像や実際の勤務先になるであろうオフィス内の画像も重視する対象なのです。実際にその会社で働いている人や環境は気になります。サイト用の撮影とは言え、ナビサイトなどでは見ることができない画像を情報として見ています。この会社の人・環境を見せることで他社との差別化を図ることができます。

コンサルタント、デザイン作成はもちろんのこと、インタビューや撮影などトータルな対応が可能

弊社のメイン業務であるWebサイトのコンサルタントやデザイン作成はもちろんのこと、採用サイト・リクルートサイトに必要不可欠となる社員のインタビュー記事や座談会の取材・ライティング・撮影など、トータルで対応を行うことが可能です。サイト制作自体はA社、インタビューはB社、撮影はC社という風に各作業によって会社を変える必要があると、それぞれの会社との連携が取れなかったり、柔軟な対応ができなかったりとスムーズに制作を行うことが難しくなってしまいます。その結果、満足のいく採用サイト・リクルートサイトを作成することができなかったり、当初予定していた公開日に間に合わないというリスクも考えられます。各社の調整や管理の手間を考えると、トータル対応できる会社に任せてしまった方が負担が少なくなります。

流行りのマイページ導入、システム連動もお任せください

最近では、自社の採用サイト・リクルートサイトに各応募者専用のマイページを作ることにより、そこで密に連絡を取り合うという手法が増えてきています。マイページを作るとなると第三者に侵入されないようセキュリティや各種システムとの連動も考えたサイト設計・サイト運用を行う必要があります。弊社では多数のシステムエンジニアが在籍しており、システムに関する事でしたら幅広く対応することが可能です。また、ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)を取得し、セキュリティに関する知識も豊富です。

成功実績

関連コラム

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop