売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Web productionWeb制作

BtoC向けWebサイト制作

パーソナライズからソーシャルマーケティングまでBtoCはやること盛りだくさん

一般コンシューマーという広いターゲット層が相手だからと言って総花的なホームページを作ってはいけません。
BtoC向けWebサイト制作で重要なことは、きちんとターゲットを絞り込むこと。
その上でターゲットに合わせたPRやマーケティングを行い、集客、顧客育成、そして、コンバージョンまで導きます。
これは、ECサイトでも、ニュースサイトやポータルサイト、企業のサービスサイトでも同じです。

BtoC向けWebサイト制作のメリット

  • 販売のための店員やオペレータが不要
  • 24時間365日顧客と対面できる
  • 企業の信用力を上げる
  • 海外展開をする場合も店舗展開が不要

BtoC向けWebサイト制作の3つのポイント

1.ターゲットをできるだけ絞り込む

そのホームページを利用するユーザがどのような人なのか、性別、年齢はもちろん、どこに住んでいて、どんな家族構成で、どんな悩みを抱えているのか。1日のうちでインターネットに接触する時間と手段と回数は…、などできるだけ細かなデモグラフィック、サイコグラフィックを設定し、代表的なペルソナを作り込みます。

2.AISCEAS(アイシーズ)の法則でペルソナの行動を予測する

制作したペルソナがどんな行動を取るのか、AISCEASの法則に照らして効果的なPR方法を導き出します。BtoCでは一般的にスマホによるインターネットアクセスがPCを大きく上回るのが普通ですが、特殊なターゲットの場合は逆転するかも知れません。ペルソナとAISCEASで、ターゲットユーザーをどう導くか、きちんと計画を立てる必要があります。

3.難関の「差別化」と「ソーシャルマーケティング」をキッチリ行う

サービスや商品の差別化が難しい。そういった話をよく伺いますが、ご安心ください。自社のプロダクトに差別化が見いだせなくとも、最新のテクノロジーでそれを補うことができます。他社にはない顧客体験を生み出し、利益につなげていきます。

ソーシャルマーケティングは必須、でも手間がかる…を解決

ユーザーの行動を表すA(注意)I(興味)S(検索)C(比較)E(検討)A(行動)S(共有)の中でも、検索、比較、共有それぞれに関わってくるのがソーシャルです。検索すればSNSの内容が高い確率でヒットしますし、その内容を見て比較も行います。もちろんオフィシャルのホームページも見られますが、良いことばかり書いてあるオフィシャルページより、実際のユーザーの声の方が信頼できるのは当然のこと。これを上手く活用出来れば、大きく利益を上げることが可能です。
ただ、通常ソーシャルマーケティングはとても手間のかかるものです。頻繁に発信を行い、ユーザーの反応に対して真摯に対応していかなければならず、またリスクもあります。
そこで、ティファナでは簡単にソーシャルマーケティングが出来るサービスをご提供しています。煩雑な運用を半自動化し、かかる労力を大幅に軽減するシステムでお客様の利益を増大させます。

他社との差別化要素がなければ、テクノロジーで差別化する

競合のサービスとあまり変わらない…もしくは負けている…。そんなときは顧客体験で差別化しましょう。
ティファナのWebシステムと人工知能(AI)を利用した最新の技術で、今までできなかったことが可能になります。
例えば、ユーザーが求めているものをWebサイト側が理解し、ユーザーそれぞれに最適な内容を表示出来るとしたらどうでしょう。
サイト上で迷っているユーザーに、あたかも対面接客するかのようにWebサイト上で手厚くケアできるとしたら…、しかも自動的にユーザーをコンバージョンまで導けたら…
そんな夢のようなシステムがあれば、他社との差別化なんて簡単だと思いませんか?
ティファナはそのテクノロジーをご提供できます。

成功実績

関連コラム

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop