売り上げをアップさせるWeb制作・人工知能(AI)が得意です!

Industry業種・業態

飲食・レストラン業界のWeb制作事例

様々な端末から店舗・メニュー検索ができるユーザビリティに考慮した情報設計が必要

飲食・レストラン業界では、「店舗・料理・ホスピタリティ」の提供が重要ですが、集客対策も怠ってはなりません。どの企業も日々新規顧客やリピーターの獲得をするために、様々な集客対策を試しています。 集客手対策といっても、最近の一般消費者の動向に目を向けると、SNSを始めとしたWebサービスでの店舗検索、メニュー確認、インターネット口コミなどが主流になりつつあります。 ティファナ・ドットコムでは、主流になりつつある、Webサービスを使っての集客対策を行うことが可能です。

飲食・レストラン業界の実績

日清製粉

日清製粉

銀座千疋屋

銀座千疋屋

飲食・レストラン業界集客対策の為の重要ポイント

1.閲覧環境に考慮したWebサイト構築

一般消費者がターゲットの飲食・レストラン業界では、ユーザーがWebサイトに訪れる時の端末が必ずしも決まったものとは限りません。例えば、昼食をとるために外でスマートフォンで飲食店を探すユーザーもいれば、家族でレストランに行くためにパソコンで調べるユーザーもいます。このように、様々な端末や閲覧環境でユーザーがストレスを感じさせることが無いように、自社のWebサイトを制作し情報を発信していくことが必要です。

2.ユーザーファーストの情報設計

飲食・レストラン業界で、ユーザーがWebサイトに訪れる目的は、大きく分けて、2つあります。 1つ目は、店舗検索。 現在地から近い店舗はどこなのか、どのような場所に店舗があるのか、駅に近い店舗はどこかなど、店舗を所有する企業ほどしっかりフォローしはなくてはいけません。 2つ目は、メニュー検索。 食べたいメニューがあるのか、アレルギー物質やカロリーはどうか、金額帯は合っているかなど、店舗に訪れるにあたり事前調査をするユーザーは多いです。 上記のようなユーザーが何を目的としてWebサイトに訪れるかを分析し、導線設計や回遊性などを盛り込んだ情報設計が必要です。

3.SNS運用

新規顧客の獲得をするために、Twitter、Instagram、Facebook、Pinterest、LINE@などのSNSを用いた集客対策が主流になってきています。とくに若年層の集客には、とても効果的です。 老舗の店舗では、店舗やメニューの昔ながらの雰囲気を写真でアピールをしたり、新店舗では、トレンドを反映させたおしゃれな店舗や、独特なメニューを発信したりすることで、注目を浴びれば瞬く間に集客に繋がります。SNSは更新の手間がある程度かかるものの、費用は無料で気軽に始められる集客対策です。 また、新規顧客だけではなく、日々更新をしていくことでお店のファン作りを行い、リピーター客の獲得にも繋がります。

4.他媒体に任せ過ぎない

ぐるなび、ホットペッパーグルメ、食べログ、ポンパレなど、非常に多くの他媒体を活用されている企業は多いと思います。ただ、他媒体に頼り過ぎでは、外に出ていく費用も少なくありません。 また、Webサイトを運営しているにも関わらず、他媒体の情報を引っ張ってきているだけではSEOを始め、Webサイトの意味がありません。 Webサイトでの集客は、他媒体の掲載と比較してデザインの自由度や店舗の訴求表現が自由に掲載することが可能です。また、SEOを上げて集客媒体をWebに集中させてしまえば、他媒体に頼らなくとも自然と集客をすることが可能です。

5. 有益な情報発信

企業のブランディング、リピーター客の獲得に、オウンドメディアを用いた集客対策を行うと、より効果的です。 店舗スタッフの日常をブログ化した、スタッフブログや、店舗開店・閉店情報を掲載するニュースリリース、お店独自の簡単レシピや料理手法などを定期的に発信をすることで、集客対策につながります。 また、ページ数が増えていくと、様々なキーワードで流入も見込めるので、SEOの観点からも非常に良いです。ただ、気をつけなければならない点もあり、導線設計やキーワードが決まっているかや、ユーザーの興味関心がある情報発信が行えているかなど、様々です。ユーザーの求める情報を簡潔に発信し、獲得したユーザーを逃さないような導線設計が必要です。

飲食・レストラン業界の実績

日清製粉

クライアント名 日清製粉
業界 飲食
デバイス PC

飲食・レストラン業界のWeb制作事例 関連サービス

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop