売り上げをアップさせるWeb制作・人工知能(AI)が得意です!

Industry業種・業態

IT・通信業界のWeb制作事例

定番レイアウトによる安心感のあるサイト作り

IT・通信業界は若い分野ということもあり、勢いもあって流行の入れ替わりも激しい業界です。そういった状況もあり、信頼できると世の中に認知されている会社は極々少数です。周りと差別化をするために奇抜だったり、先進性をもったデザインやコンテンツを取り入れたりしがちです。差別化は必要ですが、もう一方では定番の安心感のあるレイアウトで真摯に情報提供や問題解決をしてもらうためのサイトもユーザーは求めています。

IT・通信業界の実績

NTT国際通信

NTT国際通信

イッツ・コミュニケーションズ

イッツ・コミュニケーションズ

オールアバウト

オールアバウト

IT・通信業界 エンドユーザーに選んで頂くための重要ポイント

1.高い更新頻度でサイトを運営する

Webサイト運営の基本ですが、情報は頻繁に更新することを心がけましょう。日々ニュースとして自社サイトに発信できる出来事は起こっているはずです。ニュースとして正式な発表ができないならば、社員ブログとして確定情報ではないことを前提とした配信を行うことも可能です。 CMSを用意することで情報発信を容易にし、情報公開の頻度が多くなるようなサイト設計をすることをオススメします。これはSEO対策として上位表示になる効果もあります。

2.Webサイトからの運用を意識する

Webサイトは、やろうと思えばなんでもできると言っていいほど、様々なことができる道具です。ただし、なんでもできるし、なんでもやらせようとさせるがゆえに、器用貧乏になってしまうことが多々あります。 営業ツールなのか、実店舗の代わりなのか、サポートの窓口なのか、Webサイトの仕事は何なのかを定めて、それが実現できるようにしましょう。自然と、Webサイトから先の運用を意識した設計になるはずです。

3.製品のブランディングは別サイトで行いましょう

会社のことを知りたいユーザーのニーズと、会社が販売しているサービス・製品を知りたいユーザーのニーズが一致することは珍しいケースです。多くの場合、製品の情報は会社にとってサービス・製品は手段であり、会社そのものを知りたいユーザーのニーズに応えられる情報にはなりません。 ユーザーのニーズが違うのですから、一つのWebサイトに複数の目的を持たせるよりも、特化した別サイトを作ることが効果的です。差別化を行うのは製品の役目にしましょう。

4. リクルートサイトを作りましょう

リクルーターへの対応も製品ブランディングと同じでユーザーニーズが違うので、別のWebサイトを構築するべきです。また、ここの仲間になって誰かの役に立てる人になろうと思っている新卒と、新たに活躍の場を変えようと思って転職を考えている人に対するコンテンツ違います。 どんな人材に来てほしいのかを明確にして、リクルーターに十分な情報が提供できるサイトを作りましょう。

IT・通信業界の実績

NTT国際通信

NTTコミュニケーションズグループ各社と連携し、国内外のデータセンターの調達、構築、運用、及び国内の通信ビルの設備運用等を行っている通信事業社のNTT国際通信株式会社様のリニューアルを致しました。新生NTT国際通信のミッションや企業の強みが、Webサイトからユーザーに明確に伝わるよう企業ブランディングを強めると共に、ユーザビリティの向上を意識した構成にしました。

クライアント名 NTT国際通信
業界 IT・通信
デバイス PC

イッツ・コミュニケーションンズ

ECサイトの企画・制作の業務サポートを行いました。UIを考慮した設計にするために何度も見直しを行い、取り扱う商品ひとつひとつのキャッチまで深く落とし込んで「どうすれば売れるか」を追求。納期が短い中、迅速に制作を進めました。また、ご依頼から常駐するまで2日で契約を結び、その翌日から常駐を行うことで、スピーディーに社内業務をサポートしました。

クライアント名 イッツ・コミュニケーションンズ
業界 IT・通信
デバイス PC

オールアバウト

AllAbout全体のデザインリニューアル、設計の見直しを行いました。各カテゴリーごとの特色を出しつつ、全体として統制のとれたデザインを構築し、洗練された見た目と、使いやすく分かりやすいインターフェースを意識して、制作を行いました。

クライアント名 オールアバウト
業界 IT・通信
デバイス PC

IT・通信業界のWeb制作事例 関連サービス

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop