売り上げをアップさせるWeb制作・人工知能(AI)が得意です!

Industry業種・業態

不動産業界のWeb制作事例

専門性を打ち出し、サイトの利便性を上げることで、競合と差別化

不動産関連のWebサイトは、その多くが自社の専門性がうまく出せずに、成果を上げられていません。他の業界と違い、Webサイトに訪れるユーザーは、「失敗したくない」「できるだけ安く購入したい」「立地にこだわりたい」 「ローンが不安」 「駅から近いところ」など色々な角度から不動産を検討するため、とても慎重です。 慎重という事は、何度も何度もWebサイトに訪れて、内容を吟味します。そういったユーザーに対して、サイトの専門性=強みを出し、さらに利便性を上げることで、競合サイトとの差別化に成功します。

不動産業界の実績

ミサワホーム(資産活用NAVI)

ミサワホーム(資産活用NAVI)

アーネストアーキテクツ

アーネストアーキテクツ

乃村工藝社

乃村工藝社

不動産関連業界 競合サイト差別化の重要ポイント

1.専門性を高める=強みを持つ

競合サイトとの差別化の第一歩は、Webサイトの専門性を高めることです。サイトで取り扱っている物件数は多ければ多いほどユーザーの選択肢も広がりますが、同時に目的の物件まで中々たどり着けないことが問題となります。「たくさんあるけど、どれがいいのかわからない」。そうなった時、ユーザーはもっと利便性の高いサイトを探しに離脱してしまいます。 専門性を高めるには、需要の高い物件に数を絞ったり、他のサイトには無い検索条件・フィルター設定などを設けておくことで、他のサイトで逃したユーザーを獲得することができます。

2.常に新しい情報に更新する

不動産関連のWebサイトにおいて、情報の鮮度は重要です。それは良いもの悪いもの含めて最新の状態を常に保つことがポイントです。しかし、上記したように物件数が多すぎるとそもそも運用が回らないリスクも出てきます。専門性を高めることは、情報の鮮度を保つためにおいても重要な施策です。また、更新そのものが行いやすいシステムを準備することによって、Webサイトの更新作業に詳しくないスタッフでも簡単な操作で更新を行えるようにする手法もあります。

3.サイトの利便性を上げる

上述したとおり、Webサイトに訪れるユーザーは、色々な角度から物件を検討しています。 例えば、高級腕時計を買う人が購入を検討していて、何度も足繁く店舗に通うように、物件を検討しているユーザーもWebサイトに何度も訪れます。 その時、検索システムが使いにくい、情報が見づらいなど、利便性が悪いと、ユーザーを逃してしまう原因になります。 そうした物件を検討しているユーザーが使いやすくするために、検索システムや申し込みフォームの設計に配慮してサイトを構築することが重要です。

不動産業界の実績

ミサワホーム(資産活用NAVI)

ミサワホーム株式会社の「資産活用NAVI」サイトの構築を行いました。 資産活用に関するオウンドメディアサイトをレスポンシブWebデザインで作成しています。

クライアント名 ミサワホーム(資産活用NAVI)
業界 不動産
デバイス PC/スマートフォンサイト

不動産業界のWeb制作事例 関連サービス

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop