売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Industry業種・業態

葬儀業界のWeb制作事例

葬儀様式の多様化と低価格化への対応がポイント

従来の葬儀形式と比べますと、昨今の葬儀様式は家族葬やお別れの会をはじめ、遺骨をお墓に安置しない海洋散骨や山中散骨なで多種多様な様式が生まれてきています。中小規模の葬儀社も多くある中、ニーズの多様化に対応できるサービスの提供、葬祭ディレクターの存在は欠かせません。「終活」という言葉もあるように、生前からの動きにも対応できる適応範囲を提示することが必要になってきています。

葬儀業界の実績

セレモアホールディングス

セレモアホールディングス

葬儀業界 集客の重要ポイント

1. 生前からのコンタクトポイントを確保する

互助会や「終活」という言葉があるように、急な事象への対応ではないシーンでのコンタクトポイントを確保することが大切です。
互助会や終活は、ご本人が検討される対象であるのに対し、事前相談やセミナー会などは、ご家族やご親族が検討される対象となっています。
生前からの相談、事前相談の場があることを訴求することで、幅広いニーズをくみ取ることができます。
Webサイト上からユーザーが簡単にコンタクトを取れるよう、お問い合わせコンテンツの充実化、EFO(エントリーフォーム最適化)が求められます。

2.葬祭ディレクターの存在で信頼感をアピールする

葬儀は究極のおもてなしの場です。故人を偲ぶことはもとより、残された側が心を安らかにし送り出す側面ももっています。
核家族化が進む中、その一方で葬儀は多くのご遺族が初めて経験される式典でもあります。「経験はないけど失礼がないように務めたい」と思われるご遺族にとって葬祭ディレクターの存在は欠かせないものとなっています。
葬祭ディレクターの人柄や経験が決め手となり、葬儀を依頼するというユーザーも少なくありません。Webサイト上で葬祭ディレクターを紹介したり、インタビュー記事という形で個人の掘り下げを行うということも、弊社では一括して対応することが可能です。

3.多様な葬儀形式への対応を伝えていく

宗派や規模によって葬儀の様式はざまざまありますが、昨今では家族葬をはじめ、お別れの会や海洋散骨など、小規模で行う葬儀や故人の趣味や好むであろうシーンでの葬儀も注目されています。その背景には、お墓を維持していくことが困難であったり、葬儀に対するイメージが時とともに変化してきていることが挙げられます。
多様なニーズへの対応力も集客のポイントになってきています。時代の移り変わりと共に変化するニーズをキャッチアップすることは大変な労力を必要としますが、弊社のアクセスログ解析・ログデータ分析の結果を用いれば、最新のユーザーニーズをすぐに知ることが可能です。

葬儀業界の実績

セレモアホールディングス

セレモアホールディングス様のコーポレートサイトを制作しました。 ユーザーにとって使い勝手の良いサイトにすることを目的に、式場検索システムの導入や、PCとスマートフォンサイトの構築を行っています。 SEO対策を行い、エリア名で検索するユーザーの囲い込みを叶えるWebサイトとなりました。

クライアント名 セレモアホールディングス
業界 葬祭業
デバイス PC/スマートフォンサイト

葬儀業界のWeb制作事例 関連サービス

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop