売り上げをアップさせるWeb制作・人工知能(AI)が得意です!

Industry業種・業態

エネルギー・資源業界のWeb制作事例

エネルギー・資源業界のWebサイトでは、豊富な情報量と使いやすさ・わかりやすさが鍵

エネルギー・資源業界のWebサイトでは、デザインなどビジュアルの目新しさよりも、情報のわかりやすさ、伝わりやすさ、探しやすさが重要です。 その為、豊富な情報をわかりやすく整理し、掲載するとともに、ユーザーが求める情報を探しやすくするために使いやすいWebサイトにする必要があります。 また、CMS(更新機能)を導入し、常に新しい情報を掲載することも欠かせません。

エネルギー・資源業界の実績

経済産業省

経済産業省

エネルギー・資源業界 使いやすい、わかりやすいWebサイトにするための重要ポイント

1.ユーザー目線で「使いやすさ」を考える

Webサイトを訪れたユーザーが、多くの情報・コンテンツを用意しているにも関わらず、Webサイト内を回遊せずにすぐ離脱したり、コールセンターへの問い合わせが多いといった問題が起きている場合、Webサイトの使いづらさ、わかりにくさが関係している可能性があります。 ユーザーはどのようにWebサイトを使うのか、ユーザー目線で考え、「何度でも訪れたくなるWebサイト」を設計することが大切です。

2.専門用語をわかりやすく表現する

電気やガスの料金の自由化により、ユーザーが自分で情報を集めて電力会社やガス会社を選べるようになった今、情報を整理し、使いやすさを考えたWebサイトであっても、業界では当たり前のように使っている専門用語や、わかりにくい説明の文章ばかりのコンテンツではユーザーは離脱してしまいます。 わかりやすい言葉で言い換えたり、専門用語の解説を加える、図で示すなどして、誰もが理解できるわかりやすいコンテンツを用意することもポイントとなります。

3.CMSを導入して常に新しい情報を掲載する

業界の動向や最新情報などを素早く掲載することが求められるため、Webサイトをスピーディーに更新することが大切です。 CMS(更新機能)を導入することで、Webサイトに関する技術的な知識や複雑なHTMLソースコードを書くといったことも無く、簡単に更新できるようになり、担当者が「更新したい」と思ったら、いつでも更新できるようになります。 また、CMSの導入はWeb担当者の負荷の軽減、コスト削減にもつながります。

4.人工知能(AI)を使用したFAQページを導入する

FAQページや問い合わせ用のチャットに人工知能を導入することで、ユーザーがその場で疑問・質問を解決できるようになり、コールセンターへの問い合わせを減らすことができます。 このように、コールセンターの負荷を軽減し、人件費を大きく削減するだけでなく、Webサイトに対するユーザーからの信頼を得る効果も期待できます。 詳しくは、弊社の人工知能(AI)サービスをご覧ください。 AI事業

エネルギー・資源業界の実績

経済産業省

経済産業省様の電気自動車情報サイトを制作しました。 地球温暖化対策の観点から、エネルギー効率やCO2排出量に優れた性能を持つ、電気自動車やプラグインハイブリッド自動車の紹介を、都道府県の取り組み方とともに視覚的に作成しました。

クライアント名 経済産業省
業界 エネルギー・資源業界
デバイス PC

エネルギー・資源業界のWeb制作事例 関連サービス

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop