売り上げをアップさせるWeb制作・人工知能(AI)が得意です!

Industry業種・業態

介護・老人ホーム業界のWeb制作事例

全てのスタッフが簡単に操作・更新を行えるサイト作りがポイント

介護・老人ホーム業界は、少子高齢化による働き手の減少と被介護者の増加、昨今の売り手市場も影響し、新たな人材を確保することが非常に難しくなってきました。そのため、従業員1人に対しての業務範囲が広がり、介護業務だけでなく各施設の運営業務などにも携わる機会が増えてきました。慣れない作業に悪戦苦闘し、本来メインである介護業務が疎かになってしまったら元も子もありません。そんな負荷を減らすためにも、Webサイトの操作・更新は全てのスタッフが簡単に行えるようにしておく必要があります。

介護・老人ホーム業界 スムーズな運営に必要な5つの重要ポイント

1. Webに疎いスタッフでも簡単に操作・更新が行えるシステム構築

「Webサイトの更新作業を行う」と聞くと、難しそう、できないという印象を持つ方が多いと思います。その結果、少ない知識を持つスタッフにWebサイトの更新作業が集中し、その分介護業務が大変になってしまう、というケースは少なくありません。しかし、Webサイトの更新は、CMSという更新システムを使うことによって簡単に行えるため、全てのスタッフがWebサイトの更新作業を行えるようにすることが可能です。

2.猫の手も借りたいほど忙しい施設ならば更新メンテナンス代行を活用

少子高齢化の影響や、団塊世代の一斉リタイアなどで介護・老人ホームは常に沢山の被介護者で埋まっていますが、介護を行うスタッフ側の人数は常にギリギリで、とてもじゃないがWebサイトの作業にまで手を回すことができないという施設も珍しくありません。そんな時には、更新メンテナンス代行を活用し、作業はティファナへ全てお任せください。スタッフの方がやることは、弊社の担当者に更新内容を連絡するだけで、実際の作業はティファナにて行わせていただきます。

3.ユーザーからの問い合わせを極力減らすコンテンツ制作で業務の時間を確保

実際にサービスを受ける入居希望者、介護希望者本人からの問い合わせはもちろんのこと、ご家族からの問い合わせに対応することも、疎かにすることのできない大切な仕事ですが、膨大な問い合わせに対応するのも時間と手間がかかり大変です。しかし、 Webサイトのコンテンツを工夫するだけで、無尽蔵に問い合わせが発生しないようにすることが可能です。お問い合わせやFAQといったユーザーの疑問点に対し解答をピンポイントで明かすコンテンツもそうですが、利用者の声や施設紹介といった「用意された答え」でない部分で自施設の紹介を行うこともできます。

4. アクセスログ解析・ログデータ分析でユーザーが何を知りたいのかキャッチ

PCやスマートフォンの普及により、今やネットは若い世代のものだけではなく、高齢者にも幅広く利用されています。実際にサービスを受ける側がWebサイト上でどういった情報を探しているのか、どんなポイントを重視しているのかをアクセスログを解析・分析することで、ユーザーが求めている情報(ニーズ)を理解したり、今のWebサイトの足らない要素を洗い出すことが可能になります。Webサイト制作時とニーズや見込みが変わったとしてもWebサイトが陳腐化することを防ぐことにも繋がります。

5. 資料請求もエントリーフォーム最適化(EFO)を行うことによってスムーズに

ユーザーが利用する施設・サービスを決める際に参考にするものが、各施設・サービスのパンフレットや資料です。学校選びや住宅メーカー選びもそうですが、何かを比較・検討する時はまずパンフレットや資料を見比べるものです。介護施設・サービス選びも同じです。まずはパンフレットに目を通したい、そのために資料請求を行いたいとユーザーが思っても、資料請求のフォームが使いづらいとユーザーが利用検討を止めてしまう恐れがあります。少しの工夫でユーザーが気持ちよくWebサイトを利用できるよう細部までこだわりましょう。

介護・老人ホーム業界のWeb制作事例 関連サービス

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop