売り上げをアップさせるWeb制作・人工知能(AI)が得意です!

Industry業種・業態

自動車業界のWeb制作事例

ターゲットユーザーを意識したイメージ・ブランディング戦略が重要

自動車業界の現状は、世界的な環境規制の側面から見ると、今後主流となる自動車はEV(電気自動車)、FCV(燃料電池車)という次世代自動車へのシフトが有力と見られていたり、自動運転、AI(人工知能)などの進化途中のIT技術を取り入れたソフトウエアの開発に注力していたり、カーシェア、ライドシェアなどの次世代サービスによって新しい需要も拡大しているなど、様々な変化が起こっています。取り巻く環境が各々違う中で、ターゲットユーザーの獲得・ファン化や自社の強みを最大限に引き出したwebサイト制作を行うことが重要になります。

自動車業界の実績

クラリオン

クラリオン

マツダ

マツダ

自動車業界 イメージ・ブランディングの重要ポイント

1. webサイトのターゲットが明確であること

近年、めまぐるしいスピードでWebサイトが作られていますが、中には見た目やデザイン重視で作られたサイトや、商品・製品がカタログ的に並べられたサイト、誰に向けて発信されているのかが不明なサイト、何年も更新されておらず陳腐化しているサイトなど・・・サイト制作には何百万単位でコストが発生するため、少なくともそのコストに対する成果を出さなければ意味がありません。 ここでターゲットユーザーが決まっていない場合、発信する情報がぼやけてしまい何も伝わりません。自分の興味のない情報をわざわざ見たり、読んだりしてくれるユーザーはいません。 ターゲットをはっきりと明確に定めたサイトは、自分にとって有益な情報であると認識し相手に確実に伝えることができます。大きなコストをかける以上、確実に成果が得られるように、ターゲット設計は慎重に行いましょう。

2.webサイトの目的が明確であること

webサイトは作っただけでは成果を生み出すことは無く、運営しているとは言えません。webサイト運営の正しい姿は、アクセス解析を行いサイトを分析し、訪れるユーザーのニーズを汲み取り、改善点を洗い出し、サイトに反映していく、そしてまた分析を行い、評価するというPDCAサイクルを回し更新し続けることが本来あるべき姿です。 webサイトの目的(=コンバージョン)は業種・業態によって様々ですが、例えば「お問い合わせ」「資料請求」などがあります。この目的を決めると、月にどれだけの数値を獲得すれば良いのかのKPI(企業目標の達成度を評価するための指標)を立てられます。KPIを立てると、サイト全体でどれだけのPV数があればよいのか、離脱率をどれだけ減らせば良いのかなど、具体的な改修点を見つけることができ、成果を生み出すには何を行えばよいのかを掴めます。

3.ユーザー目線でのサイト設計、UI・UXがなされていること

自社の言いたいことだけを掲載したwebサイト、自分好みのデザインのwebサイトでは、成果は上げられません。ユーザーとの接点であるwebサイトは、ユーザーにとって使いやすく、わかりやすいことが重要であり、且つ競合他社に比べて驚きや感動を与えるものでなと成果は上げられないでしょう。その為にサイト全体の構造や、ページ一枚一枚の情報配置、操作性、ユーザーにどの様な体験を与えられるかを考えて作ることにより、ユーザーは情報を正しく理解し、webサイトの目的(=コンバージョン)へとたどり着くでしょう。

自動車業界の実績

クラリオン

カーナビゲーションを扱うクラリオン様のサービスサイト「Smart Access」を制作いたしました。(Smart Accessは、快適・安心・便利なドライブをお楽しみ頂くための、情報ネットワークサービスサイト) 旧サイトのシステムを継承しつつ、コンテンツ精査、導線改修、デザインリニューアルを行いました。

クライアント名 クラリオン
業界 自動車
デバイス PC

自動車業界のWeb制作事例 関連サービス

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop