モバイルフレンドリー

モバイル検索順位が下がる前に Webサイトのスマホ対応をGoogleはレスポンシブウェブデザイン (RWD)対応を推奨しています。

Googleの「スマホ対応」基準を満たす必要がある

Googleより、モバイルフレンドリーアップデートを実施するという発表がありました。 Googleモバイルフレンドリーアップデートは、スマホ対応していないホームページの順位を下げる(=対応しているホームページの順位を上げる)アップデートです。 順位への影響はモバイル検索結果のみで、PCの検索結果には影響がないと言われています。アップデート対応していないサイトに対してペナルティが課せられることは現時点では無いと考えられます。

Googleモバイルフレンドリーアップデートに 関する重要なポイントは?

  • Googleが定める「スマートフォン対応」基準を満たすことが必要
  • モバイルフレンドリーテストツールで完全に合格していれば「基準を満たしている」とみなされる
  • 基準を満たしたホームページはアップデートで恩恵を受ける(満たしていなければ悪影響がでる)

Googleはレスポンシブウェブデザイン(RWD)対応を推奨

Googleは「ウェブマスター向けモバイルガイド」の内において、「URLが1つで、ユーザーへの情報共有リンクが簡単」「同じコンテンツの維持管理の手間が省ける」といった理由により、レスポンシブウェブデザインによるサイト・コンテンツ作りを推奨しています。今後、パソコン向け、モバイル向けサイトを作成する場合や、今回のGoogleモバイルフレンドリー対応の際には、レスポンシブウェブデザインは有力な候補となると言えます。
しかし、実際のウェブサイトにおいてはデザイン上の制約や、PCとスマートフォンで利用されるシーンが異なるホームページの場合(たとえばレジャー施設のサイトを自宅でPCで見る場合と、移動中や現地でスマートフォンで見る場合のニーズは異なる)、レスポンシブウェブデザインが最適ではないケースもよくあります。 そのような場合は、「パソコン向けのウェブサイトとモバイル向けのウェブサイトを別々に用意する」「同一内容を表示するページは、それぞれに関連付けを行うcanonicalタグを記述し、Google にページ間の関連性を解釈させる」といった手法を取ると良いでしょう。

まずは重要なページを最優先でスマホ対応

モバイルフレンドリーアップデートは、パンダアップデートやペンギンアップデートのようにWebサイト全体に対して評価を適用するのではなく、1つのページの評価を該当するページだけに反映します。 つまり、トップページや主要サービスページ、実績やお問い合わせページ、ランディングページなど、順位を落とせない重要なページだけを先に対応を進めれば、主要キーワードでのモバイル検索結果順位の急落といったようなビジネスへの直接的な悪影響は回避できそうです。

関連サービス