売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Web productionWeb制作

W3C準拠

アクセシビリティやSEO対策にも効果的なW3C準拠のコーディング
構文・文法のチェックから最適化までおまかせください

更新性が高くファイルサイズの軽量化にも効果的なW3C準拠

ティファナでは、W3C準拠のHTMLコーディングを行うことで、データの軽量化、検索エンジンに好まれるホームページ制作を行います。 また、W3Cに準拠することで、アクセシビリティへの取り組みや更新性の向上など、SEOと親和性の高いホームページを制作することができます。

HTMLコーディング時のW3C対応でSEOに良い効果

ホームページリニューアル時にW3Cチェックを行うことは、SEO対策の1つとして必須になっています。 W3C 、つまりWeb標準に準拠したサイトにすることで、HTMLソースから検索エンジンが読み込む部分(HTMLソースのテキスト部分)を明確に分離できるようになるため、検索エンジンがテキストを読み込みやすい作りとなるからです。

多媒体からのアクセシビリティ

昨今PCだけでなく、スマートフォン・タブレットなど複数の環境からのアクセスが増加するとともに、それぞれの環境に対応し、Web標準に準拠したホームページ制作が求められています。
W3Cチェックを行ってWeb標準に準拠するホームページ制作を行うことにより、様々な環境に対応できます。

ファイルサイズの軽量化

XHTML+CSSで構成されたWeb標準のソースは、表示に時間を要するといわれるtableタグでレイアウトを行わないので、ファイルサイズが軽量化され、サイトの表示速度が向上します。
検索エンジンは必ずしもHTMLファイルを最後まで読み込まない場合があります。W3C準拠した構成は、同時にファイルサイズの軽量化につながることから、ここでもW3C準拠はSEO対策に効果的と言えます。

更新頻度との関連性

ブロック単位で構造化されるWeb標準に準拠したソースは、メンテナンス箇所が明確になり、更新作業・チェックが容易になります。
容易な更新環境は更新頻度を上げることとなり、更新頻度の高いサイトは検索エンジン対策にも効果的です。更新頻度が高いサイトほどW3C準拠にてSEOで上位表示されるという結果がでています。

関連サービス

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop