売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Web productionWeb制作

EFO(エントリーフォーム最適化)

エントリーフォーム最適化(EFO)でコンバージョン率アップ!

エントリーフォーム(申し込み画面)にたどり着いてから完了するまでの間に、半数以上のユーザーが離脱しています。この機会損失を防ぐため、エントリーフォームに訪れたユーザーのコンバージョン数を向上させるためにEFOを行います。

EFO(エントリーフォーム最適化)のメリット

  • コンバージョン率をアップすることができる
  • エントリーフォームの離脱率を下げることができる
  • ユーザビリティの高いエントリーフォームにすることができる
  • 機会損失を防ぐことができる

EFO(エントリーフォーム最適化)の3つのポイント

1.ユーザーのストレスを軽減させる

エントリーフォームは、ユーザーが取るべきアクションが多くなればなるほどユーザーにとってストレスになります。ホームページ上のストレスをいかに軽減させるかがEFOのポイントです。ユーザーのストレスは、システム面で解消できるものやユーザビリティを向上することで軽減できるものがあります。ユーザーのストレスを軽減させる最適な方法をとることで、ユーザーはストレスを感じず、最後までコンバージョンに至らせることができます。

2.アクセスログ解析で離脱原因を解明する

エントリーフォームをアクセスログ解析することが、コンバージョンを上げるためのポイントです。エントリーフォームの入力画面で離脱した人とエラー画面で離脱した人では、離脱の理由が違います。多角的にエントリーフォームを解析することで、改善点がより具体的になります。

3.操作に苦労しないエントリーフォームを制作する

ユーザー視点に立ったエントリーフォームを作ることが重要です。ユーザーにストレスを与えないという考え方、または「おもてなし」という考え方は、直接効果として離脱率軽減によるコンバージョンアップ効果が見込めるほか、間接効果として顧客満足度向上によるコンバージョンアップ効果が期待できます。

Webでユーザーが感じるストレスを解決

ティファナでは、ユーザーが感じるストレスを解決するEFOをご提案しています。ユーザーがエントリーフォームで感じるストレスは、システムによるものと、ユーザービリティの2種類があります。
例えば、文字入力が自動的に指定様式になるよう制御が施されていない、というような場合、多くのユーザーは入力する際に電話番号などの項目が半角指定にされていることに気づかずエラーとなり、ストレスを感じます。このようなことが起きないようにエントリフォームを構築するときに、システム側で自動的に指定様式に変更するよう制作をおこないます。
ティファナでは、数多くのサイト制作を行ってきましたので、ユーザーがどのタイミングでストレスを感じるかを予測することができます。ユーザーがストレスを感じることのない、EFOをご提案します。

離脱の原因を解明し、コンバージョン率アップ対策を行う

ホームページ運営者が好む様式での入力をユーザーに求めるのではなく、ホームページ運営者がユーザーに合わせるという考え方でいる必要があります。ティファナのフォーム改善では、アクセスログの解析結果や調査ツールの導入を行い、離脱原因を特定し、具体的なホームページ・エントリーフォームの具体的な改善策をご提案します。
さらに、エントリーフォームは、個人情報を扱う場合が多いので、セキュリティの対策をしっかりと行う必要があります。フォームの内容や形式に合わせて、SSL実装などのセキュリティ面の強化策や、一定時間データ処理が行われない際のタイムアウト対策もご提案いたします。

成功実績

関連コラム

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop