売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Web productionWeb制作

ヒューリスティック調査

多角的かつ客観的な視点でWebサイトを評価し、改善を行う

専門知識をもった第三者がWebサイトを調査、短期間でWebサイトの問題点を効率的に炙り出します。ユーザビリティの専門家が既知の経験則からWebサイトを評価。複数名のチェックによって、偏りのない問題分析が可能です。

ヒューリスティック調査のメリット

  • 専門的な視点でWebサイトをチェックできる
  • ユーザビリティを向上させる、具体的な方法がわかる
  • Webサイト、コンテンツのアクセシビリティをアップすることができる

ヒューリスティック調査の3つのポイント

1.専門知識をもった、複数名で行う

ヒューリスティック調査は、必ず専門知識を持った者が行う必要があります。専門家に調査してもらうことで、Webサイトの問題点が早くわかります。さらに、調査は専門知識をもった複数人で行うことで、偏りのない多角的な問題点が洗い出されます。

2.調査のゴールを事前に決定する

ヒューリスティック調査を始める前に、調査のゴール=目的やゴールを達成するために必要な前提条件を決定する必要があります。事前に決定するとこで、調査がより正確なものとなり、洗い出された問題点を改善することで、ゴールの達成に大きく近づきます。

3.アクセス解析も同時に行う

調査を行う上で、アクセス解析を行うことが大切です。専門知識をもっていても、人間なので調査を行う中で、主観がどうしても入ることがあります。そこで、アクセス解析を同時に行うことで、より調査が偏りのないものになります。

1つの調査だけでなく、さらに多角的な調査・解析もできる

ティファナでは、ヒューリスティック調査のゴールに合わせ、最適な人員のアサインを行います。また、アクセス解析以外にも、「UI/UX調査」「アクセシビリティチェック」「ユーザビリティテスト」「ユーザー調査」「アイトラッキング分析」を中心に、ゴールに合わせた解析・分析を行い、ヒューリスティック調査をします。

さらに、ヒューリスティック調査で洗い出された問題だけではなく、Webサイトとしてさらなるユーザビリティの向上を目的とした施策およびインターフェースの最適化についても、合わせて調査を行い、改善策をご提案いたします。

定期的な調査を実施することにより、常に信頼のおけるデータを手元に

ホームページのアクセス数が多いだけでは意味がありません。アクセス数は1つの評価にしかすぎません。また、ユーザーが検索するキーワードの上位にあるものばかりを見ていても、ROIは必ずしも良いとはいえません。
ユーザーニーズ、検索キーワードに合致するコンテンツ(LPO対策)を用意したり、検索数はさほど多くなくても潜在顧客のニーズにマッチしておりコンバージョンに繋がるキーワードでのSEO対策や、ユーザーニーズを考えたリスティング広告の見直しをアクセスログ解析をもとに行うことで、よりROIの高い広告戦略を展開することができます。


お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop