売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Web productionWeb制作

Webセキュリティ対策

Webサイト制作と運営に係るセキュリティ対策
SSL(暗号化)だけではセキュリティ対策は不十分

サイト運営に必要なWebセキュリティとは

単にSSL(暗号化)を行うだけでは、Webサイトのセキュリティ対策が十分とはいえません。Webアプリケーションの設計不備やシステム上のバグなどが原因で脆弱性が生じてしまいクラッキング(攻撃)されてしまう可能性があります。

・クロスサイトスクリプティング(XSS)
・SQLインジェクション
・ディレクトリ・トラバーサル
・クロスサイト・リクエスト・フォージェリ(CSRF)
・セッションハイジャック

これらのクラッキング(攻撃)行為に対して適切な対策を講じることで、不正な行為をする攻撃者からWebサイトを守る必要があります。

よくある課題

情報漏洩が心配だがどういった対策をすればいいのかが分からない。

クラッキング(破壊)行為は、どうやって防げばいいのかが分からない。

安心・安全で信頼性の高いホームページ、サービスを運営したい。

SSL(暗号化)だけで個人情報漏洩のWebセキュリティ対策をしていませんか?

メールフォームなどのWebシステムに対して、SSL(暗号化)だけのセキュリティ対策では、会員登録ページやショッピングシステムなど、Webサイト上で収集、蓄積された個人情報や売り上げ情報が不正な行為で取り出されることを防ぐことができません。
そのため、サニタイジングやクロスサイトスクリプティング(XSS)対策などがWebサイトには必要となります。
ティファナのWebセキュリティ対策サービスが施されたWebサイトは、 このような不正な行為をする攻撃者から個人情報漏洩を防ぐことができます。

SSL(暗号化)だけで個人情報漏洩のWebセキュリティ対策をしていませんか?

セキュリティ対策の中でも、最低限施しておく必要があるのが、SQLインジェクション対策、クロスサイトスクリプティング(XSS)対策です。
これらの対策が行われていないことにより、悪意を持ったユーザーがメールフォームなどから不正なプログラム文章を打ち込み、サーバーをダウンさせたり、個人情報を抜き取ることができるためです。

単純にSSL(暗号化)が入っているからといって、安心はできません。

サーバーダウンやクラッキング(破壊)行為に対するセキュリティ対策

Webサイト上のキーワード検索窓やお問い合わせフォームなどの入力フォームシステムを悪用したクラッキング(破壊)行為を防止するためには、サニタイジングなどの不正な文言やプログラムを「無害化」するセキュリティ対策が必要です。適切な対策を行うことで、このような悪意ある閲覧者からWebサー バーや顧客情報を守ることができます。

サーバーダウンやクラッキング(破壊)行為に対するセキュリティ対策

脆弱性への対応方法を取り決め、サイトの信頼性を向上させる

制作時のシステムの設計や実装時に脆弱性が入り込まないようにする為に、IPAが公開している「セキュリティ実装 チェックリスト」※などを利用してくまなくリスクを防ぐようにするのがよいでしょう。また、被害を受けた時に適切に対応できるように、いち早く検知しその問題の原因を特定・対応、被害の影響範囲に応じた対応策を行えるように、運営者側もチーム内での認識統一、情報共有をしておくことが重要です。

ユーザーとのコミュニケーションの一環でソーシャルメディアを利用する場合もリスクを考えておく必要があります。炎上の兆候を見逃さないようにするには、ユーザーからのフィードバックに気を配り、チーム内で情報共有をしてスピーディな対応をするように心がけることが大切です。

未然に防ぐための対策、万が一起きてしまった時の対策方法を一貫して行うことでサイトの信頼性を高めていきます。

※IPA「安全なウェブサイトの作り方」(https://www.ipa.go.jp/security/vuln/websecurity.html

関連サービス

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop