売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Web productionWeb制作

W3Cチェック

アクセシビリティやSEO対策にも効果的なW3C準拠のコーディング構文・文法のチェックから最適化

ティファナでは、W3C準拠のHTMLコーディングを行うことで、データの軽量化、検索エンジンに好まれるホームページ制作を行います。 また、W3Cに準拠することで、アクセシビリティへの取り組みや更新性の向上など、SEOと親和性の高いホームページを制作することができます。

W3Cチェックのメリット

  • SEO対策の効果が期待できる
  • ファイルサイズの軽量化を行うことができる
  • メンテナンス箇所が明確になり、更新作業・チェックが容易になる
  • サイトスピードを向上させることができる

W3Cチェック3つのポイント

1.複数の環境からのアクセスに対応できているか確認できる

PCだけでなく、スマートフォンやタブレットなど複数の環境からのアクセスが増加するとともに、それぞれの環境に対応し、Web標準に準拠したホームページ制作が求められています。
W3Cチェックを行ってWeb標準に準拠するホームページ制作を行うことにより、様々な環境に対応できます。

2.メンテナンスが行いやすくなる

ブロック単位で構造化されるWeb標準に準拠したソースは、メンテナンス箇所が明確になり、更新作業・チェックが容易になります。
容易な更新環境は更新頻度を上げることとなり、更新頻度の高いサイトは検索エンジン対策にも効果的です。更新頻度が高いサイトほどW3C準拠にてSEOで上位表示されるという結果がでています。

3.ファイルサイズを軽量化し、サイトスピードを上げる

XHTML+CSSで構成されたWeb標準のソースは、表示に時間を要するといわれるtableタグでレイアウトを行わないので、ファイルサイズが軽量化され、サイトの表示速度が向上します。
検索エンジンは必ずしもHTMLファイルを最後まで読み込まない場合があります。W3C準拠した構成は、同時にファイルサイズの軽量化につながることから、ここでもW3C準拠はSEO対策に効果的と言えます。

SEO対策と同時に行うことで、効果を上げる

SEO対策を行うときに、W3Cチェックを行い改善を行うことで、SEO対策の効果を上げることが期待できます。HTMLの構造をチェックするうえで指標になりえるからです。SEO対策とW3Cチェックの改善を同時に行う場合は、気を付けなくてはいけない部分もあります。
ティファナでは、様々な業界・業種のWebサイトのSEO対策を行ってきました。W3CチェックはSEO対策でも効果が期待できる部分があるので、SEO対策を行うときに合わせてご提案を行うことがあります。今までのノウハウを活かし、最適なご提案を行います。

新規サイト制作/サイトリニューアル制作時に実装が可能

Webサイトを新規で、もしくはリニューアルを行う予定がある場合は、制作を行うときに合わせてW3Cに準拠した内容で制作することをおすすめします。既存のサイトで行うよりも漏れが無く、対応がしやすいためです。
ティファナでは、新規サイト制作/サイトリニューアル制作時にW3Cに準拠したWebサイト制作を承っております。業界・業種に偏らない数多くのWebサイトの制作を行ってきたノウハウを活かしたWebサイト制作をご提案いたします。
また、新規制作やリニューアル制作だけではなく、サイトの部分改修やサイトのチェック時にもご要望をいただければ、W3Cのチェックを行い改善案をご提案させていただきます。


関連コラム

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop