売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Web productionWeb制作

多言語翻訳(ローカライズ対応)

高品質な多言語サイトをスピーディに制作し、グローバル市場の見込み客を逃さず獲得します

世界的に見ても情報収集の手段はWebを選ぶという人が大多数となってきました。ビジネスでも観光でも、最新の情報がすぐさま自国の言葉で手に入れられるのとそうでないのとでは、大きく印象が変わってきます。多言語翻訳はもはや当たり前に対応していなくてはならない、重要な施策です。

多言語翻訳(ローカライズ対応)のメリット

  • 今まで逃していた海外との商談を新たに築ける
  • 企業のブランド・サービス・製品の認知度を高める
  • 多言語化により、競合サイトとの差別化

多言語翻訳(ローカライズ対応)の3つのポイント

1.来たる2020年の東京オリンピックに備え、インバウンド対応は必須

今や人気の観光国となり、外国人観光客が増加し続けている日本ですが、これから先の2020年東京オリンピックに向けて、更に外国人観光客の利用が増えていくでしょう。そうなると大変なのはインバウンドへの対策です。日本ではまだまだ外国語に対応できる場所が少なく、多くの場面で新たな商談・ビジネスの機会を逃しています。しかし、このチャンスを逃さぬよう、早急にインバウンド対応を進めることが課題となっているのです。

2.その国の特徴や文化を考慮し、最もふさわしい戦略を考える

各国にはそれぞれ違った特徴や文化が存在します。そのため、日本では上手くいった・評判が良かったサイトでもその国には合わず、説明が不足していて、思うような効果を出せないこともあります。例えば、WindowsとMacのシェア率はどちらが多いのかというような、ソフト側に依存しないハード面のことを考えたりと、考慮することは沢山あります。
多言語翻訳したサイトでも狙った効果を出すためには、その国にある特徴や文化を基礎に戦略を考える必要があるのです。

その国の特徴や文化を考慮し、最もふさわしい戦略を考える

3.業界特有の単語・キーワードも、「ミスなく」翻訳すべき

翻訳は非常に難しい作業です。同じ意味を持つ言葉でも単語によって雰囲気や細かいニュアンスが変わってくるからです。例えば、英語の「I」は自分を指す一人称ですが、これを日本語訳しようとすると「私・俺・僕・わたくし・余・我・自分」など該当する言葉がたくさんあり、選択肢が非常に多いです。このように、同じ意味を持つ言葉でも、選ぶ単語によって相手に与える印象が大きく変わるため、その時いちばんふさわしい翻訳を選ぶ必要があります。

Webサイト制作やリニューアルとセットで多言語翻訳ができる

通常、多言語翻訳となると外部から通訳や翻訳者を呼んできて原稿を作成するという流れになりますが、そうするとどうしても連絡のやり取りが上手くいかなかったり、そもそも通訳や翻訳者を見つけることができず、スムーズなWebサイト制作が行えなくなってしまいます。
また、通訳や翻訳者に作業を依頼してしまうとその分、予算もかさみがちです。弊社ではこの問題を解決する為、Webサイト制作と合わせて対応することを可能としました。そのため、多言語翻訳に必要なのは弊社への依頼のみです。また、弊社の担当者がWebサイト制作と変わらず担当させていただきますので、やり取りで不便を感じることもありません。

Webサイト制作やリニューアルとセットで多言語翻訳ができる

人工知能(AI)で瞬時に多言語翻訳を実現できる

弊社が開発した多言語翻訳サービスTagenGOでは、人工知能(AI)が日本語のWebサイトを全自動で翻訳することにより、新しいページを追加させることなく、多言語翻訳に対応することが可能です。
従来の方法では、日本語ページの他に各言語で作成された新しいページを作る必要がありましたが、この人工知能(AI)システムを使えば、ボタン1つで多言語に対応したサイトを準備することができます。もちろん、翻訳の精度は非常に高いのですが、どうしても心配な部分があるというときにはプロの翻訳家に翻訳を依頼することもできる二重の構えとなっておりますので安心いただけます。


関連コラム

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop