売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Web productionWeb制作

サイトマップ設計

Webサイト全体像を俯瞰し、ベストなWebサイト設計を

導線設計の改善やWebサイトを新規で制作するときに、必要になるのがサイトマップ設計です。サイトマップ設計を行うことで、Webサイト全体を把握し俯瞰して見ることで、導線設計の見直しやコンテンツのグルーピングや関連付けが行いやすくなります。

サイトマップ設計のメリット

  • Webサイトの全体像を把握することができる
  • Webサイトのおおまかな構造を理解するとこができる
  • コンテンツのグルーピングや関連性を視覚的に理解することができる
  • ナビゲーション設計時の指標にすることができる

サイトマップ設計の3つのポイント

1.記載する情報は必要最低限にする

サイトマップ設計時に記載する内容は、できる限り必要最低限の情報量に抑えるのがポイントです。サイトマップ設計はあくまでもサイトの全体像を視覚的に理解することを目的にしているので、情報を盛り込みすぎないこともポイントです。基本的にはページ名やコンテンツタイトルのみで、サイトマップを設計することをおすすめしています。

2.ハイレベルサイトマップとローレベルサイトマップを必要に応じて使い分ける

サイトマップ設計を行う際、どこまでの情報を設計するか押さえておくこともポイントのひとつです。Webサイトの全体像を知るためにサイトマップ設計をすることがほとんどですが、抽象的でも良い場合はハイレベルサイトマップを用い、ページ単位の詳細情報が必要な場合はローレベルサイトマップにするなど、必要に応じて設計をすることが大切です。

3.サイトマップ設計のパターンを目的に合わせて変える

サイトマップ設計にも5つ程のパターンがあります。すべて、サイト全体を表すものですが、目的に合わせて使い分けることが大切です。ページやコンテンツの親子関係を知りたい時は、ツリー図状のパターンで表現されたものにし、Webサイトのどのような構造を把握したいかでパターンを使い分けることがポイントです。

サイトの仕様によってサイトマップ設計を行う

Webサイトの種類は多種多様存在します。様々なWebサイトに合わせるために、Webサイトの仕様によってサイトマップ設計を行う必要があります。システムを使わないWebサイトとシステムを組み込むWebサイトでは、サイトマップ設計も大きく違います。ティファナでは、様々な業界やWebサイトの種類を制作してきました。そのため、Webサイトの仕様に最適なサイトマップ設計を行うことが可能です。必要にあわせて、システムの仕様がわかりやすいサイトマップ設計や導線設計をあわせて記載するなど、ご要望に合わせてサイトマップ設計を行うことが可能です。

業界ごとに最適なサイトマップ設計を行います

ティファナでは、様々な業界のWebサイトの制作を行ってきました。今までの制作のノウハウを活かし、各業界に最適なサイトマップ設計をご提案いたします。Webサイトには、業界ならではのパターンがあります。 Webサイトの構造やコンテンツのグルーピングなど、さらに、導線の設計も業界ごとで大きく変わることがあります。Webサイトを制作・改善する時は、各業界の特徴を加味したサイトマップ設計ができることが重要になります。ティファナでは、制作のノウハウを持っているので、ノウハウを活かしたサイトマップ設計を行うことができます。


関連コラム

お問い合わせ・お見積もりはこちら

03-3468-5661(代)

営業時間 月~金 9:00~18:00

見積もりのご相談だけでも承りますお問い合わせ・ご相談フォーム

text_totop