売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Service サービス

ナーチャリング

見込み顧客との関係性の構築
最適なタイミングでのアプローチで有望顧客を育成

どの企業でも課題と言える見込み顧客の管理と育成。
ナーチャリングの基本は、自社サービスを購入するターゲットの決定と顧客が商品を購入するまでの購買プロセスの理解から。 ティファナでは見込み顧客の管理体制からヒアリングを行い、見込み顧客の管理・育成の最適化をご提案させていただきます。

ナーチャリング

サービス概要

顧客の管理体制のヒアリングと適正化のご提案

見込み顧客のターゲティング、購買プロセスや顧客接点の顕在化とナーチャリング対策のフロー設計

マーケティングオートメーションツールのご提案と活用

よくある課題

集客はできているが、なかなか顧客化しない。見込み顧客の育成が必要。

見込み顧客の育成をしたいが、どこから調査したらいいか分からない。

見込み顧客数が膨大で管理ができていない。

リードジェネレーションとリードナーチャリングで顧客獲得

リードジェネレーション(見込み客の獲得)からリードナーチャリング(顧客育成)を行うことが顧客獲得までの基本的な戦略・流れになります。

イベント、セミナーの開催がリードジェネレーションにあたる行動になり、リードジェネレーションで獲得した見込み顧客を何らかの手法を用いて、後に顧客になっていただくための行動がリードナーチャリングにあたります。

展示会への出展やセミナーの開催、ホワイトペーパー配布によるメールアドレスの取得など、リードを獲得する方法は様々。
リードナーチャリングで一番重要なのはリード獲得後の育成です。しかし、どの企業もリードナーチャリングまで手を付けられていなかったり、リードを導くシナリオを正しく設計できていないことが課題となっています。

見込み客との関係構築

リードナーチャリング(顧客育成)を行うにあたり大事なことは、見込み顧客との接点を多く持つことです。
見込み顧客の半分以上は、現時点では商品の購入意欲はないけど、後々必要だと思っているユーザー。
その後の商品検討機会に自社製品を検討対象に入れていただくためのアプローチを取り続けることが必要です。

しかし、全ての見込み顧客に対し同一のアプローチ手段を取ることはリードナーチャリングとは呼べません。

顧客の行動を定点観測することによってスコアリングを行い、見込み顧客の購買意欲を見える化します。
見える化した見込み顧客にランク付けを行い、ランク毎にアプローチ手段を決定することで見込み顧客の購買意欲に適正化させたアプローチを行うことができます。

マーケティングオートメーションツールで顧客育成を効率化

MA(マーケティングオートメーション)ツールを活用して、各顧客のセグメント、スコアリングを行い顧客の購買意欲毎のシナリオを作成。
それらに基づき自動的にアプローチを行うことが可能です。

見込み客の数が数百以上になる場合は、スコアリングなどを人力で行うには多くのリソースと時間がかかります。
MAツールを使用することでそれらの作業を自動化することができるため、業務効率の向上と最適なタイミングでの見込み顧客へのアプローチが可能になります。

関連サービス

text_totop