売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Web productionWeb制作

マイナンバー

大切な個人情報であるマイナンバー、情報漏洩などのリスクに備えるお手伝いを

マイナンバーセキュリティ対策

マイナンバーは国民一人ひとりが持つ12桁の番号、つまり個人情報の一種です。
マイナンバー制度がスタートする2016年1月からは社会保障や税、災害対策の行政手続きにおいてマイナンバーが必要となるため、従業員を雇用している全ての企業がマイナンバーを取り扱うことになります。
ティファナでは、マイナンバーに対応したシステム開発・システム改修や、セキュリティ対策のご相談など、マイナンバー取り扱いに関する様々なお手伝いをいたします。

サービス概要

人事、給料、会計システム等をマイナンバーに対応

外部からのアクセスによる情報漏洩を防ぐためのセキュリティ対策

内部からの情報漏洩を防ぐためのネットワーク制御・デバイス接続制御対策

よくある課題

会社の業務に関する様々なシステムがマイナンバーに対応していない

外部からのサイバー攻撃に対する対応策が取れていない

マイナンバーを扱うリスクに備えられていない

人事、給料、会計システム等をマイナンバーに対応させる

企業では、従業員やその扶養家族のマイナンバーを取り扱い、従業員の健康保険や厚生年金の加入、納税などの手続きを行っていくことになります。
これに伴い、人事、給料、会計システム等をマイナンバーに対応させるためのシステム開発やシステム改修が必要です。

外部からのアクセスによる情報漏洩を防ぐためのセキュリティ対策

マイナンバー制度スタート時は「社会保障」「税」「災害対策」3つの分野で活用される予定ですが、将来的には戸籍やパスポート、預金・貯金など幅広い分野での活用が見込まれています。
そのため、今後最も狙われる個人情報であると言えます。
セキュリティ対策を怠り、万が一情報が漏洩した場合、損害賠償やマイナンバー法による厳しい刑罰を科されるのはもちろん、企業の信用を大きく失うことになりかねません。
不正アクセスやサイバー攻撃などによる情報漏洩を防ぐためのセキュリティ対策が求められています。

内部からの情報漏洩を防ぐためのネットワーク制御・デバイス接続制御対策

情報漏洩は外部からの攻撃によって発生するとは限りません。
セキュリティ意識の低さに起因する不正サイトへのアクセスや不審なメールの展開、勝手なデータの持ち出しなどでも大切な情報が漏洩する可能性があります。
こういった内部からの情報漏洩を防ぐために、マイナンバーを取り扱う部署の関係者だけでなく、全社的にセキュリティ意識を改善することが大切です。

同時に、人為的な情報漏洩を限りなく0にするためのシステム構築が最重要課題となります。USBメモリーやスマートフォンなどの外部デバイスへの接続、閲覧できるデータの権限管理やコピー制御、不正サイトへのアクセスやSNSへの書き込み、WEBメールやメールの添付ファイルチェックなど多方面にわたる管理システムの構築が必要です。

関連サービス

text_totop