売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Service サービス

IRサイト制作

様々な投資家タイプにマッチしたIRコンテンツ、機能を備える
独自に蓄積した投資家行動パターンをもとに最適なプランニングを実施。

よりわかりやすく、操作しやすいIRサイトを

ネット証券サービスの充実とともに個人投資家が急増し、企業がWebサイトを通じて配信するIR情報への関心は高まる一方です。そのため、大手の企業サイトなどでは、IR部分を独立させて情報配信することが多くなっています。しかし、せっかく作ったIRサイトが投資家の求める情報を適切に掲載できていなければ、全く意味がありません。
どういったサイトなら、自社株へのスムーズな投資を促し、企業価値を上げることができるのか。ティファナのホームページ制作では、IRコンテンツを以下の視点で考え、制作します。

IRサイト制作の3つのポイント

  • 企業のメッセージが投資家へわかりやすく伝わること
  • 投資家がほしい情報へすぐにアクセスできること
  • リアルタイムな情報更新と万全のチェック体制

企業のメッセージが投資家へわかりやすく伝わること

投資家へ伝える企業メッセージは、ホームページは極力わかりやすいものである必要があります。日経BPの調査によると、企業メッセージは「日本語で書かれ、理解でき、簡潔なこと」が重要で、そうでない場合は好感度が下がるという結果が出ています。これは、IRサイト制作でも例外ではありません。難しい専門用語が多く、焦点のぼやけた冗長なメッセージは適していません。

投資家がほしい情報へすぐにアクセスできること

投資家タイプによって、知りたい情報は異なります。
詳細な事業モデルから将来性やリスクを細かく調査したい機関投資家と、株に興味を持ちはじめて株価情報を閲覧したい一個人投資家とでは、サイト内での動きが全く異なるものなのです。
Webサイトの制作においては、様々な投資家のニーズに合わせて、ほしい情報へすぐにアクセスできる高度な「ユーザビリティ」、「アクセシビリティ」を備えたIR情報サイト制作を行う必要があります。

リアルタイムな情報更新と万全のチェック体制

Webサイトを通じて発信されるIR情報は、即時性が求められます。
投資家にとっては、一分一秒でも速く情報を得ることが重要となるので、CMSなどを利用してIRサイトを即時更新できる仕組みの他、更新したことを投資家へ告知する仕組みづくりも必要です。
また、IRという特性上、更新する内容に誤りがあると、それが企業への深刻なダメージにもなりかねません。
IRサイト制作では、簡単に更新できる仕組みと、万全のチェックシステムを構築する必要があります。

上記ポイントを軸に、サイト制作時には、さらに細かな項目を満たしていく必要があります。

ネガティブな情報の積極的な公開
「ネガティブな情報の積極的な公開」
ネガティブな情報は、隠すよりも積極的に公開する必要があります。
常に正しく真摯に情報公開に努めるという姿勢が、投資家の信頼を勝ち得ます。
逆に、IR情報を隠したり、公開を遅らせたりすることは、投資家の信用を落とし、二度とのその企業に目を向けないことにもつながります。
双方向コミュニケーションとセキュリティ
「双方向コミュニケーションとセキュリティ」
問い合わせにすぐに対応できる体制作りと、問い合わせフォームから送られてくる情報に対してセキュリティ対策を施し、投資家の方々に迷惑をかけないようにする必要があります。
Web制作、ひいてはIR情報サイト制作においては、社内運用面での体制に配慮して制作を行う必要があります。
プッシュ型の情報提供
「プッシュ型の情報提供」
特にIR情報サイトのサイト制作においては、情報の更新を即座に伝える仕組みづくりも重要です。
投資家の方々は一分一秒でも速く情報を得たいはずです。従って、IRサイトにわざわざ見に行かなければIR情報が得られないのではなく、RSSなどを利用して情報をこちらから配信していく必要があります。
環境を選ばない情報提供
「環境を選ばない情報提供」
PCでしかIR情報を閲覧できないというのは論外です。投資家の方々は、その時々の状況に応じて携帯で情報を得たい場合も多いからです。
異なる端末、OS、ブラウザの違いなど、様々な環境で情報が閲覧可能なIRサイト制作を行う必要があります。
IRサイトランキング
「IRサイトランキング」
IRサイトランキングとは、ネット上でIR情報を配信している企業のサイトを比較しランク付けしているものです。
上位にランクされている企業のIR情報サイトには投資家からのアクセスが集まるので、自社のサイト制作、また、制作後のサイトを評価する上でも参考になります。
上記施策を行えば、サイトが自然と上位にランクできるようになります。
SRI対応
「SRI対応」
SRI(社会的責任投資)とはCSRを投資の重要な指標とする投資方法で、投資家の関心が企業のコンプライアンス、日本版SOX法への対応などへも向けられる傾向にあります。IRにおけるCSRの重要性は、今後さらに高まってゆくと予想されるため、CSRコンテンツも考え合わせて、投資家情報サイトを制作していく必要があります。

上記のような要件を満たす投資家情報サイトを制作しようとすると、企業のWeb担当者様にとって大変な労力が伴います。
ティファナに投資家情報サイト制作をお任せいただければ、多数の企業サイトを手がけてきたノウハウから、独自に蓄積した投資家行動パターンをもとに、ティファナのIRプランナーが最適なプランニングを行います。 上記要件を満たす制作を行うことはもちろんのこと、投資家タイプごとの導線設計を行い、インフォメーション・アーキテクチャーの観点から、Web制作における提案とアドバイスを行います。

text_totop