売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Service サービス

CMS構築

お客様の運用に合わせて適切なCMS導入を支援
更新システムを導入することにより、コンテンツを企画したその場でWebサイトが更新可能。

ティファナ・ドットコムでは、自社オリジナルのCMSや、無償で利用できるWordPressや、Movable Typeなど様々なCMS導入実績をもっています。 これまでに、100社以上のCMS導入実績がありますので、お客様の運用・ニーズや、サイトの規模や更新頻度・更新箇所により、適切なCMSをご提案します。 また、導入後の更新マニュアルの作成や使い方のレクチャーまで、ご要望に応じて行っています。

実績

東京医科大学
東京医科大学
東京医科歯科大学
東京医科歯科大学
豊商事株式会社
豊商事株式会社
理化学研究所
理化学研究所
主婦と生活社
主婦と生活社
オンワード樫山
オンワード樫山
イー・モバイル
イー・モバイル
インフォテック・アーキテクツ
インフォテック・アーキテクツ

導入事例

 

CASE1 S社様

 

CASE2 W社様

ティファナが考えるCMS導入

 

誰でも簡単に管理が可能なCMSの導入を

「専任スタッフに全てをお願いしないと作業が進まなくて困っている」
「すぐに更新できるような体制にしたい」
「複数の更新作業があるためできれば担当者ごとで好きな時間に更新したい」
「早く更新できる仕組みを導入したい」

上記のような事柄が当てはまる場合はCMS構築・導入により、抱えている問題を解決することができます。
例えば、今まで専任スタッフにしか作れなかったページでも管理画面から編集や記事の作成ができます。
また、導入した後はそれぞれの役割によって作業を分担することができるため、止まってしまっていた作業も、滞りなくスムーズにお客様に対して有益な情報を配信することができます。

 

W3C準拠でSEOにも有効

ホームページの更新頻度をアップすることが、SEO対策にも繋がることはよく知られていますが、せっかく更新システムを導入して更新しても期待したほどの効果が出ない場合があることを知っていますか?

検索エンジンはHTMLファイルとして記述されているものを解析していますが、このHTMLファイルがプログラムによって出力されているCMSではSEO効果はあまり見込めません。

主要な検索エンジンはW3C準拠のページに対して高い評価を与えるため、SEO効果を高めるためには、W3C準拠が必須となります。また、ホームページ内のページ間でリンクを適切に貼り、ページ内被リンク数を増やして効果を高めることが重要です。

ティファナは、更新システム導入時にテンプレートファイルも作成した上で納品します。御社でホームページを更新する際には、難しさや煩わしさを意識することなく、誰でも簡単にW3Cに準拠したページを作成することができ、サイト内での相互リンクも簡単に貼れるため、SEO効果が高まります。


 

タイムリーな情報更新でリピーター数増加

ホームページをリニューアルする前に現状のホームページの更新頻度をしっかりと把握してから検討しないと無駄なコストになってしまう恐れがあります。
更新システムは、ホームページに関する知識の無い担当者が更新したい情報を簡単に更新できるようにするために開発されたものになります。

そのうえで、更新しようとしている内容が年に数回程度もしくは1年に1度しか更新が無いようなコンテンツに対してCMSを構築・導入するのでは意味がありません。

更新システムを導入する箇所としてはタイムリーに更新するコンテンツが最適です。セミナー・展示会などの告知情報や新製品に関する紹介情報など更新頻度の高い箇所にCMSを構築・導入することで、ホームページに訪れる訪問者に対して常に新鮮な情報を提供することができ、再訪率を増やしていくきっかけを作ることができます。

日本オラクル株式会社のコンテンツ管理システム「Oracle WebCenter Content (旧:Oracle UCM)」を利用した、システム構築も行なっております。
CMS(Webコンテンツ管理システム)機能とECM(企業コンテンツ管理)機能を備えた高機能システムで、Webサイト管理の関連業務まで含めた効率化をご提案いたします。

関連サービス

text_totop