売上をアップさせるWeb制作・ホームページ制作が得意です。

Service サービス

アクセスログ解析

プロによるアクセスログ分析でROI(費用対効果)を最大化
ユーザーの行動を分析し、適切な構成・コンテンツで機会損失を防止。

効果測定を行うにはアクセスログ解析が必要

現状のWebサイトにおけるアクセスログデータを解析し、洗い出された問題点を一つひとつ改善していくことで、Webサイトやモバイルサイトの価値を高めていきます。
ティファナでは、ホームページリニューアル後の効果測定に力を入れています。アクセスログ解析を通じて、リニューアル後もより成果(コンバージョン)を上げるためをご提案をいたします。

ティファナが提供するアクセスログ解析のメリット

  • アクセスログデータの解析により、ROIが向上
  • コンバージョン率アップのための仕掛けをご提案
  • 直帰率、離脱率を軽減させるLPO対策と導線設計

関連サービス

Webの価値を高めるためにはアクセスログ解析が必要不可欠

SEO・SEM対策を施してホームページへのアクセス数は増えているものの、お問い合わせや資料請求といったコンバージョン数が増えない、そんなお悩みを抱えていませんか?

このような場合、多くはWebサイトの構成や導線設計に問題があります。良いだろうと思って制作したWebサイトの構造が、実は、ユーザーの行動を阻害してしまっていたり、ユーザーが求めている情報を十分に提供していなかったりと、コンバージョン率が低くなってしまっていることが考えられます。

コンバージョンアップを図るためには、アクセスログデータを利用したアクセスログ解析にて、ユーザーがどこで離脱しているのかを分析、解析、把握し、そこに対して重点的に改善することが必要です。この作業を試行錯誤しながら繰り返し、アクセスログ解析を通した効果測定を行うことでWebサイトの付加価値をアップすることができます。

ユーザーは何が原因で離脱してしまっているのかを、ログデータをもとに分析・解析し、 把握、改善することが、コンバージョン率アップのカギになります。その役割を担うのがアクセスログ解析です。問題となっているページやコンテンツのアクセスログデータをもとに分析・解析、評価し、検索キーワードの見直しによるSEO対策の改善や、ユーザーニーズにあったランディングページ(LPO対策:ランディングページ最適化)を用意します。また、アクセスログデータをもとに見直し、ユーザーにとってストレスの少ない入力フォームへ改修(EFO対策)するなど、具体的にどのように改善すれば良いのかをアクセスログ解析結果をもとにし、Webサイトに反映する必要があります。

アクセスログ解析から導き出した改善点をWebサイトに盛り込み、その結果に対して、再度、分析・解析、改善を施し(PDCAサイクル)、売上に直結するコンバージョン率、コンバージョンに至る過程での離脱など、WebマーケティングのROIを正しく把握し、向上させるための改善を行うことで、Webビジネスの成功が実現できます。

PDCAサイクルを回して、Webビジネスを成功へ導きます。

アクセスログ解析でユーザーの行動パターンを解析し、マーケティング戦略を再考

アクセスログ解析より、ユーザーはホームページ内のどのような商品や情報に関心があるのか、ホームページ内をどのように移動しているのか、ターゲットとしているユーザーがアクセスしてきているのかなどを把握し、改善する必要があります。ユーザーがどのように行動するのかを理解し、適切な構成・コンテンツを提供しなければ、大きな機会損失につながります。

ユーザーの行動パターンをセグメント化し、それぞれのユーザーニーズに応えるコンテンツを制作(LPO対策)したり、お問い合わせや購入などのコンバージョンに至りやすいパターンをアクセスログ解析にて分析し、改善策を施すことで、アップセルやクロスセルを含めた、より効果(コンバージョン)の高いマーケティング戦略を展開することができます。

離脱率の高いページを見直し、コンテンツ、導線を再構築

アクセスログ解析では、ユーザーが直帰しているページや離脱してしまうページを明確にすることが出来たリ、お問い合わせページのアクセスログ解析ではフォームまで来ているのに、お問い合わせや資料請求などのコンバージョンへ繋がるユーザーが少ない理由を分析・解析し、改善することができます。

もし、掲載しているコンテンツ内容がユーザーニーズを満たしていないとすれば、ユーザーがホームページから離脱するのは当然の結果です。ユーザーニーズを満たすには?ユーザビリティを良くするには?といった視点でログ解析データから仮説を立て、その仮説に基づいたコンテンツ(LPO対策)を制作したり、ページ内での導線を変えるなどの改善策を施し、アクセスログ解析をもとに仮説・検証を繰り返すことで、ホームページからのユーザーの離脱を防ぐことができます。

ユーザーニーズを把握し、コンテンツ・誘導を見直します。

ユーザーが検索するキーワードを分析し、広告戦略を再考

アクセスログ解析では、アクセスログデータからユーザーはどのようなキーワードで検索し、ホームページにアクセスしているのか、ユーザーの検索キーワードに合致するページへユーザーを誘導できているのか、リスティング広告はユーザーニーズにフィットしたものになっているのかなどを分析・解析し、改善することが重要です。

ホームページのアクセス数が多いだけでは意味がありません。アクセス数は1つの評価にしかすぎません。また、ユーザーが検索するキーワードの上位にあるものばかりを見ていても、ROIは必ずしも良いとはいえません。ユーザーニーズ、検索キーワードに合致するコンテンツ(LPO対策)を用意したり、検索数はさほど多くなくても潜在顧客のニーズにマッチしておりコンバージョンに繋がるキーワードでのSEO対策や、ユーザーニーズを考えたリスティング広告の見直しをアクセスログ解析をもとに行うことで、よりROIの高い広告戦略を展開することができます。

text_totop