SEOに効果的なコンテンツ│Web制作会社のSEO対策関連コラム

Columnコラム

SEO・SEM

Web制作・SEO対策に効果的なコンテンツは人工知能に聞け!

Web制作・SEO対策に効果的なコンテンツは人工知能に聞け!

2018/07/09
このエントリーをはてなブックマークに追加

SEO対策に効果的なコンテンツは人工知能が教えてくれる時代

SEO業界において、2011年後半くらいから「コンテンツSEO対策」というワードが頻繁に登場するようになりました。
それ以前は、タグのチューニングや外部リンクによるSEO対策が主流でしたが、2011年の後半以降、ペンギンアップデートやパンダアップデートという言葉も登場し、SEO対策においては「コンテンツ」が重要だと言われるようになりました。

現在では、外部リンクを購入しての被リンクSEO対策は、もはや完全に過去の遺産となっており、サービスとして提供するSEO業者もほとんど見なくなりました。

ただ、「有益なコンテンツが重要」と言われても、なかなかどのようなコンテンツを増やせば良いのかが分からない、という方が多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、「SEO対策における有益なコンテンツ」について考えてみたいと思います。

kimura1703-1.png良質なコンテンツがなければGoogleに評価されない!?

冒頭にも述べたように、現在のSEO対策においては、有料の被リンクはペナルティの対象となり、効果を発揮することが難しくなっています。
ベースとなるソース構造に関しては、基本的な設計をしっかり行ない、Googleガイドラインから外れないかたちでの構築が必要なのは言うまでもありませんが、なかなか内部構造のチューニングを行なっただけでは、簡単には上位表示ができない状況となっているのはみなさんもご存知のことかと思います。

Googleの公式ブログでもこのことについては言及されており、もはや、SEO対策を行なう上では、良質なコンテンツの構築は避けては通れないところとなっています。


kimura_1703.png

ユーザーが欲しい情報、探している情報を把握することが重要

では、どのようなコンテンツを掲載すれば良いのでしょうか?

その答えのひとつは、「良質なコンテンツ」、つまり、「サイト訪問者が必要としているコンテンツ」を提供することが重要な要素となってきます。

サイト訪問者が欲しいと思っている情報、探している情報が分かれば、それに合致するコンテンツを作成し、サイトに掲載すれば良いということになります。

これまでは、トレンドキーワードや自社サイトへの流入キーワードなどの情報を基に、仮説を立てて、対象キーワードを設定し、そのキーワードに関連する内容のコンテンツをとにかく増やす、ということを行ってきた方が多いのではないでしょうか。

実は、それをもっと容易に知ることができる方法があるのです。

有効なコンテンツは人工知能が教えてくれる!?

人工知能(AI)を活用すれば、サイトを訪問しているユーザーが、どんなコンテンツやキーワードに興味を持っているかを洗い出すことができるのです。

ティファナの人工知能サービス「FURUMAI」を活用すると、サイト内に掲載されている文章を言語解析し、サイトを訪問したユーザーが、どのようなコンテンツやキーワードに興味を持っているかを把握することができます。そこで抽出したキーワードに沿ったコンテンツを作成し、サイトに掲載することで、ユーザーが探している情報であり、且つGoogleからも評価されるコンテンツが掲載されているサイトになっていきます。

今後は、Web制作でも人工知能化が進んでいくことが想定されますので、今のうちに競合他社に先駆けて、人工知能を活用してみてはいかがでしょうか。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

FURUMAI(アンノウンマーケティング)

人工知能(AI)対話型システム「KIZUNA(キズナ)」

text_totop