デジタルマーケティングの今を見る│Web制作会社のデジタルマーケティング関連コラム

Columnコラム

Webマーケティング

デジタルマーケティングの今を見る

デジタルマーケティングの今を見る

2017/10/10
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはテレビはよく見られるでしょうか?
私は良くテレビを見る方ではありますが、インターネットの動画配信を見ることと比べると少ないと感じます。
時代はインターネットの動画配信サイトが席巻し、テレビが無くてもネットの動画配信サービスがあれば必要ないと感じる方も多いはず。
そこで今回はデジタルマーケティングで主流になりつつある「ビデオコンテンツ」について書きます。

デジタルマーケティングとはインターネットやスマートフォンのアプリといった、電子メディアを通じて、製品やブランドのプロモーションを行うことです。

デジタルマーケティングの主流は「ビデオコンテンツ」

冒頭でもありましたが、みなさんはテレビとインターネットで番組を視聴する時間の割合はどちらが多いでしょうか。
YoutubeやHuluを始め、Amazonプライムビデオ、Netflix、日本ではニコニコ動画など、ビデオ配信サービスは今も増え続けており、見たい番組が揃っているビデオコンテンツを見る割合が、テレビよりも多くなってきているようです。
ではテレビよりも見られているビデオコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。代表的な2つを今回はご紹介します。

1010_01.jpg

Youtube

まずは言わずと知れた動画配信サービスの代名詞「Youtube」
公式の番組だけではなく、一般ユーザーが録画した動画を投稿し、視聴ユーザーに見てもらう形が一般的でしょうか。
中でもYoutuberと呼ばれる人気投稿者による広告効果は絶大で、一回の投稿で数十万~数百万もの再生数を誇ることから、ゲームや家電など実際に使ってもらうことで、宣伝効果を期待する企業からのオファーも増えています。
投稿者は好きなことをやって稼ぐことができ、企業側も見てもらうことで認知度などユーザーの興味を引ける宣伝効果を狙えるのでどちらにも有益なものになっています。ユーザー数も増える一方で、全世界で10億人とも言われています。

近年では企業利用も増えてきており、企業動画や商品のプロモーションも行っています。
Youtubeが企業に人気の理由は、Googleの傘下であるため検索エンジンが非常に優秀で、検索ワードの上位に出てくるようになるというSEOの観点も含んでいるのではないでしょうか。

Hulu

次は動画配信サービス「Hulu」です。
HuluはYoutubeとは異なり、視聴専門のサービスですが、月額約1,000円で4万本以上のテレビドラマや、映画作品を無制限に視聴することができます。
年会費もかからないため、ネット環境さえ家にあればTV、パソコン、スマートフォンと好きなデバイスで好きなだけ動画を見ることが出来るのです。
TSUTAYAや、GEOといったレンタルがまだ根強かった日本に、定額制で動画を視聴するという文化をねじ込んだのはこのHuluだといえます。
ターゲットとしているのはWebリテラシーが高い人向けのようで、色んなデバイスから見れるサービス形態からもそれが伺えます。また深夜帯に多くのCMが打ち出されているのは、リテラシーの高いコアユーザーが活発的に動く時間も考えているからなのでしょう。
また現代において動画を見る場所は家だけではなく、移動中、出先など場所を選ばないようになっているので、いろんなデバイスで見ることが出来るHuluのサービスは、非常に現代に刺さっているコンテンツなのではないでしょうか。

ただ、昨今のプラットホーム移管時のバタバタや、移管後のユーザーインターフェイスの使いにくさ等色々と批判が上がっており、ユーザー数をかなり減らしているようです。

Netflix

Huluと同じ形式の動画配信サービスで、日本ではHuluの後にサービスが開始されました。でも実は、本国アメリカでは同サービスの草分け的存在で、HuluよりもNetflixの方が古く、世界最大手の動画配信サービスです。
オリジナルコンテンツの数も多く、Netflixでしか見られない作品が多数あるのも強み。
革新的なレコメンド機能を備えており、ユーザーが視聴・評価した動画の傾向から、マッチする動画をオススメしてきます。
また、動画のダウンロード視聴にいち早く対応したのもNetflixですね。
コンテンツの独自性のみならず、ユーザーの要望にできる限り応えていく姿勢が、人気の秘密ではないでしょうか。
昨今のHuluの移管騒動によって、HuluからNetflixに乗り換えているユーザーが多数いるようです。

最後に

いかがでしょうか。
今回はメジャーな3つのビデオコンテンツサービスについて触れましたが、デジタルマーケティングコンテンツはまだこれから続々と出てくると思うので、新しいサービスが登場したらご紹介していきたいと思います。

関連サービス

マーケティングオートメーション(MA)

Webマーケティング支援

text_totop