プライベートDMPとオープンDMPの違い│Web制作会社のDMP関連コラム

Columnコラム

Webマーケティング

WEB担当者必見!プライベートDMPとオープンDMPの違い

WEB担当者必見!プライベートDMPとオープンDMPの違い

2016/10/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

企業のWEB担当者の方なら最近「DMP」という言葉を聞くようになったのではないでしょうか。

DMPといっても一概に1つではなく、「プライベートDMP」と「オープンDMP」という2つあります。

今回、プライベートDMPについての活用方法や仕組みについて調べていこうと思います。
DMPを理解していただければ今までWEBでできなかったことができるようになりますので、
WEB担当の方は必見です!
では早速見ていきましょう。

dmp_deguchi01.jpg

そもそもDMPってなに?

そもそもDMPとは何か調べてみました。
DMP(Data Management Platform)とは、ビジネスに膨大なデータを活用する基盤のことで、多くの情報はWEB上で集められた情報になります。
つまり、Googleアナリティクスなどの解析ツールで集めた情報や会員登録を基にしたデータのことですね。

この情報を基に、「オープンDMP」と「プライベートDMP」というのがあります。

この2つを一元管理し利用することで、WEBに訪れたユーザーにWEBの広告やコンテンツの出しわけが
できるようになるのです。

また、これはどこかの分野や業種に偏るのではなく様々な分野で使うことができるのです。

プライベートDMPは大切な情報資産

次に、「オープンDMP」と「プライベートDMP」の違いについて詳しく見ていきましょう。

オープンDMPとは、様々なWEBサイトでのユーザーの行動履歴やデモグラフィック情報などを蓄積されたものです。
これは、第三者のデータとして価値を持っており、広告主はこの情報を基に新規顧客獲得や新たな顧客を開拓するなどに
必要な情報になります。

オープンDMPに対し、プライベートDMPは企業が持っているデータのことになります。簡単に言うと自社のWebサイトに訪れたユーザーの行動や会員登録情報などになります。
既存顧客へ購買意欲を促したり、新しい情報を提供したりすることが可能になるでしょう。

プライベートDMPは、実店舗やWEBでの動きなど様々な情報が入っているため企業にとっては
巨大な資産になると思いますし、その情報を基に商品の打ち出し方を変えて、ユーザー一人一人に
One to Oneマーケティングができるようになるのです。

素晴らしいですね。

DMPの導入と今後の課題

DMPについて皆さん理解はしていただけましたでしょうか。

大手企業の場合、プライベートDMPの情報量は膨大なものになり活用しないわけにはいかないと思います。
ただ、世の中に出ているツールをただ入れるだけでは、効果が発揮されません。

WEBコンサルティングをしてくれる人やツールのシナリオ設定をしっかりと設定をしなければいけません。

もしツールの設定やコンサルティングでお困りのことがございましたらティファナにお電話を!

デザイナーの出口でした。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

FURUMAI(アンノウンマーケティング)   (URL:https://www.tifana.com/service/unknown.html)
ビッグデータ活用支援   (URL:https://www.tifana.com/service/bigdata.html)
アクセスログ解析   (URL:https://www.tifana.com/service/accesslog.html)

関連コラム

text_totop