運用に困ったときに使えるネタ6選│web制作会社のコンテンツマーケティングコラム

Columnコラム

Webマーケティング

コンテンツマーケティングの運用に困ったときに使えるネタ6選!

コンテンツマーケティングの運用に困ったときに使えるネタ6選!

2016/09/15
このエントリーをはてなブックマークに追加

takada_contents01.jpg

さて、今月も相変わらずコラムを配信していきますよ!
今回のテーマは、「コンテンツマーケティング」です。

コンテンツマーケティングの壁

takada_contents02.jpg

コンテンツマーケティングが認知されてきて、多くの企業が実践するようになってきました。

5月に東京ビックサイトで開催された「第10回 Web&デジタルマーケティングEXPO【春】」でもコンテンツマーケティングをサービスにしている企業がありました。

ちなみにティファナは、オラクル社と協力してマーケティングオートメーション(MA)のセミナーを開催したり、アンノウンマーケティング(UM)についてのセミナーをしました。
大盛況だったんですよ!

MAやUMを説明するにあたり、コンテンツマーケティングについても話をしました。

どういうことかというと、MAは顧客育成の自動化をしていくためのマーケティングツール、UMはサイトにアクセスしている誰かわからないユーザーを見える化するマーケティングツールです。

どちらもWebサイトにアクセスするきっかけ作りが重要になってくるため
コンテンツマーケティングについてのお話やご提案をさせていただきました。

おっと、話をもとに戻します。

コンテンツマーケティングを実践している担当者の方には、共通した課題があります。

それは

「継続してコンテンツを配信していくこと」

です。


うん。これは、かなり大変。

どうすればいいものか?

ということで、すこしでも解決の糸口になるようにコラムの参考例をお伝えしていきたいと思いますね。

コンテンツマーケティングの目的

と、その前に、コンテンツマーケティングの目的を改めてお伝えしたいと思います。

それは、

「ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供して、ファンになってもらい、ゆくゆくは商品(サービス)を購買してもらうこと。」

です。

せっかく多大な時間と労力をかけてコンテンツを作っているのですから、売り上げにつなげないと意味がないですよね。

なので、売り上げにつなげるためにはどのようなコンテンツを配信していくことが良いのか。

有益なコンテンツとは?

私が考える有益なコンテンツとは、2つのパターンがあります。

1つは、ユーザーの課題を解決できるコンテンツ
もう1つは、感情を刺激するコンテンツ

この2つの軸をもとにコンテンツを作っていくことが大事だと思います。

ここでは、参考例をいくつかお教えします。

ニュース系

業界のニュースに対して、その会社(もしくは担当者)の考えを追記していくもの
継続してコンテンツを配信していく上で一番の課題である、「ネタ」作り困らないのでお勧めです。

ランキング系

アンケートにも似てきますが、ランキングはコンテンツとして作りやすいので
なにか困ったときにおすすめ。
例えば、「業界の人に聞いた○○ランキング」や「○○の商品が選ばれる理由TOP5」などどんなことでもランキングにできてしまうのでアリだと思います。

株式会社インテリジェンスさんが運営している
20代の"はたらき"データベース『キャリアコンパス』内にある
【職種別】20代転職理由ランキングは参考にしやすいですね。

動画系

動画はテキストでは伝わらない感情に訴えかけるには最適な手段。
制作コストや手間がかかってきますが、それに見合った優良なコンテンツが作れれば、
拡散する可能性が高く、感情に訴えかけるコンテンツになるはず。

アニヴェルセルさんのWebサイトにあるプロポーズアワードはとてもいいなーと思います。

調査・レポート系

アンケートなどがわかりやすいかもしれないですが、
○○の500人にアンケートをとった結果、などユーザーの声が直接反映されていると
信頼度が高く参考にしてもらいやすいです。

口コミ系

商品やサービスを実際に使用している人の声は、提供側の声よりも説得力がぐんっと変わります。
とはいえ、良いところだけを掲載しても怪しさがあるので、ちょうどよいのがいいですよね。

実績・事例系

事例や実績はその企業でしか提供できないもの。
クライアントの課題に対してどのように解決したのか、さらに、その後どうなったのか、を具体的に提供できるとよりイメージしやすいですよね。

おわりに

いかがでしたか?

これらを参考にコンテンツマーケティングを実践していってください。

いつか、コンテンツマーケティングのKPIやコンテンツの作り方などのコラムも作っていきたいと思います。

今回はここまで。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作
マーケティングオートメーション(MA)
FURUMAI(アンノウンマーケティング) 

SEO・SEM

関連コラム

コンテンツマーケティングの魅力とは? 

text_totop