MAツールの世界導入シェア│マーケティングオートメーション・web制作関連コラム

Columnコラム

Webマーケティング

【Web制作】マーケティングオートメーション(MA)ツールの世界導入シェア

【Web制作】マーケティングオートメーション(MA)ツールの世界導入シェア

2016/08/09
このエントリーをはてなブックマークに追加

下記のグラフは、米国マーケティングオートメーション(MA)市場規模のシェア比率でです。
米国は現在約15万の企業がマーケティングオートメーション(MA)を導入し利用しています。
約37%をHubspotが占有しています。

shichiza_ma01.png

1. Hubspot (36.3%)
2. Infusionsoft (24.3%)
3. Marketo (11%)
4. Pardot (8%)
5. Eloqua (7.8%)
6. Act-On (6.5%)
7. Silverpop (2.8%)
8. Ontraport (1.9%)
9. Sharpspring (1.3%)

出典:Marketing Automation insider

これらは、大企業、中小企業を混在させたデータとなっているため、大企業、中小企業別にマーケティングオートメーション(MA)ツールの世界導入シェアを見ていくことにしましょう。

中小企業向けのマーケティングオートメーション(MA)の世界導入シェア

中小企業に関しては、Hubspotが約4割占有していることになります。
次に、 Infusionsoftが3割占有していることになります。
Hubspot 、Infusionsoftで全体の7割占有していることになります。

shichiza_ma02.png

出典:Marketing Automation insider

大企業向けのマーケティングオートメーション(MA)の世界導入シェア

大企業に関しては、 Pardotが約3割、 Eloquaが3割占有していることになります。
結果的に、Pardot 、 Eloquaで全体の6割占有していることになります。

shichiza_ma03.png

出典:Marketing Automation insider

日本国内のマーケティングオートメーション(MA)の導入シェア

日本においては、2015年がマーケティングオートメーション元年と言われており市場規模が小さいのが現状です。
2016年で、275億円の市場規模という事になります。
この数字は、米国の市場規模(1162億円)の25%にあたる事になり、この数字を見ても、まだまだ日本のマーケティングオートメーション(MA)は、これからという事になります。

b3a40b5c8998e7b01acf24a11d0a1bd2e57290bc.png

出典:矢野経済研究所

まとめ

いかがでしたでしょうか。
日本は、米国に比べマーケッターの人数が少ないため、マーケティングオートメーション(MA)の導入はこれからだと言えます。web制作会社として、当たり前にマーケティングオートメーション(MA)を使いこなす必要があるのではないか?と考えました。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

マーケティングオートメーション(MA)   

text_totop