インフォグラフィック活用例│Web制作会社のインフォグラフィック関連コラム

Columnコラム

Webデザイン

数字で見るあれこれ。身近な数字をインフォグラフィック化してみました。

数字で見るあれこれ。身近な数字をインフォグラフィック化してみました。

2016/07/19
このエントリーをはてなブックマークに追加

ishizuka_infographic01.png

最近、ティファナの採用サイトにて「数字で見るティファナ」というコンテンツが公開されました。
社員の年齢や出身地から、スマホはiPhone派かアンドロイド派か、メガネをかけた人の割合など、様々な数字を分かりやすく掲載しています。
気になる方はこちらからご覧ください。

❛❛インフォグラフィックとは、情報、データ、知識を視覚的に表現したものである。 情報を素早く簡単に表現したい場面で用いられ、標識、地図、報道、技術文書、教育などの形で使われている。❜❜

多くの情報、数字がひと目で分かるインフォグラフィックは理解しやすく、デザイン性も高いものが多いため見る人を飽きさせません。
以前のコラムでピクトグラム作成に挑戦しましたが、見るだけでなく作ることによって情報整理が出来たり、対象に対する理解が深まりました。
今回は少しステップアップして、インフォグラフィックの作成をしたいと思います。

数字で見る○○。身近なデータのインフォグラフィック3選

自分の生活の中で「そういえばこれ、どれくらいの割合を占めているんだろう」「どれくらいの頻度で行っているんだろう」と思ったものを対象に作成してみました。
特段面白いデータはありませんが、インフォグラフィックがきになる方はぜひ見てみてください。

普段見る映画のジャンル

ishizuka_infographic02.png

映画鑑賞が趣味なので、どのジャンルをどれくらいの割合で見ているのか図にしてみました。
コメディ、ヒューマンドラマ、アクションが大半を占めています。ホラー、ラブストーリー、SFはほとんど見ていません。
余談ですが、スター・ウォーズエピソード3では鑑賞途中に寝てしまい、未だにアナキン・スカイウォーカーが何故ダース・ベイダーになったのかを知りません。

よく使うスマホ機能・アプリ

ishizuka_infographic03.png

1番は圧倒的にニュースアプリでした。朝夜の移動時間だけでなく、日中の隙間時間にも見ることが多いので、多くの人も一番利用する頻度が高いのではないでしょうか。
続いてLINE、カメラ機能、路線案内アプリ、インスタグラムの順になります。
ちなみにインスタグラムではパフュームをフォローしています。このコラムを読んだ方もぜひフォローしてください。

家電の利用頻度

ishizuka_infographic04.png

常に稼働している冷蔵庫を除くと、PC、テレビ、洗濯機、ドライヤー、電子レンジ、IHを下記のような割合で使用しています。
意外に使っている家電が少ないのに驚きました。IHにいたってはほとんど料理をしないため、限りなく0に近いです。

いかがでしたでしょうか。インフォグラフィックに興味のある方は、ぜひ身近なデータから挑戦してみてはいかがでしたでしょうか。
以上、年始に立てた目標「5kg痩せる」を現在は「6.4kg痩せたい」に更新した石塚でした。

Web制作でお困りの方はWeb制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

Webデザイン

デザインガイドライン作成

レスポンシブWebデザイン

関連コラム

視覚的に表現する!インフォグラフィックを作るための5つの手順
インフォグラフィックの基礎、ピクトグラムの作り方

text_totop