今や主流?モバイル・ファーストのメリットとは?│東京のWeb制作会社のスマートフォンサイト関連コラム

Columnコラム

スマートフォンサイト

今や主流?モバイル・ファーストのメリットとは?

今や主流?モバイル・ファーストのメリットとは?

2016/02/22
このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、「モバイル・ファースト」という言葉をご存知ですか?
「モバイルだから...スマホだよね?」と思う方や、「スマホが最初...?」と思う方もいるかと思います。

今回、私の勉強も兼ねてモバイル・ファーストについて調べてみました!
実はモバイルデバイスの進化と普及が関わっているのです...!

モバイル・ファーストの意味

まず、モバイル・ファーストの意味をご存知ですか?
モバイル・ファーストとは...
「Webサイトやソフトウェアの開発・運営方針の一つで、
スマートフォンなどの携帯端末向けの版をパソコン向けなどより先に、あるいは同時に公開すること。
また、サイトやソフトの機能や表示、操作方法を設計する際に、携帯端末での使いやすさを常に優先すること。」
(出典:IT用語辞典 e-Words

上記が、モバイル・ファーストの意味です。

従来では、Webサイトやソフトを開発・公開する際に、今まではPCサイトを先行して公開し、その後モバイルサイトを公開という形が一般的でした。
そのため、PCサイトのレイアウトがモバイルサイトへ流用されており、ユーザーにとって使いにくいWebサイトになったりなど、モバイルの機能が制限されて操作しにくいなど...モバイルサイトはおまけという形が多かったのです。

それに対し、ユーザーのWebサイトに接する機会としてモバイルが普及した今では、モバイルに最適化したレイアウトや操作、デザインを変えるという考えが「モバイル・ファースト」です。

sakamoto_201601081.jpg

モバイル・ファーストのメリット

先ほど、モバイル・ファーストの意味を紹介しましたので、
次にメリットを紹介します。

モバイル・ファーストのメリットは2つあります。
・Webサイトの目的やゴールに合わせコンテンツを厳選することができる
・公開後の改善改修を素早く行うことができる
上記2つについて詳しく説明したいと思います。

Webサイトの目的やゴールに合わせコンテンツを厳選することができる

モバイル・ファーストを採用する上で重要なのが、コンテンツを厳選するということです。
つまり、「ユーザーにとって本当に必要な情報を提供できているか」です。

先程もあったように、モバイル・ファーストとは、モバイルサイトを先に作ることが良いということではなく、コンテンツや情報を見直し、モバイルサイトへの最適化ができているのかを考えることです。

ただ、PCの情報を削ればいいのではなく、ユーザーがWebサイトを見た時に、欲しい情報や必要なコンテンツがあることが大切になるということです。
最後には、モバイルという限られた環境でコンテンツが厳選されているわけです!

公開後の改善改修を素早く行うことができる

モバイルでは基本的にシンプルなレイアウトで制作を行います。
つまり、Webサイトの公開後の改善改修を素早く行うことができます!

もう1つのメリットである、情報の厳選に加えユーザーが目的を達成するまでが短縮されているので、
実際にユーザーの行動の検証なども行えるようになります。

また、公開後でも情報の位置づけや差し替えができるので、改善改修を行うことが出来ます。
そこから得たユーザーの反応に対し、Webサイトの運営方法も少しづつ変えることができるのです!

まとめ

いかがでしょうか?
モバイル・ファーストについて少し知見を広げることが出来たのではないでしょうか?

今後、モバイルデバイスの普及はPCより上回ることは想定されており、
企業やユーザーにとってモバイルサイトの位置づけは重要なものへと変わりつつあるでしょう。

上手くモバイル・ファーストを利用しサービスの向上を目指しましょう!

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作

スマートフォンサイト制作

関連コラム

PCサイトとスマートフォンサイト

スマホはアプリ?サイト?どっちがいいの?

関連キーワード
text_totop