Webアクセシビリティの重要性│Web制作会社のアクセシビリティ関連コラム

Columnコラム

Web制作

Webアクセシビリティの重要性

Webアクセシビリティの重要性

2015/12/24
このエントリーをはてなブックマークに追加

年々とインターネットの普及率が上昇していく中で、Webアクセシビリティという言葉を最近よく耳にします。
ただ、「それが何を示すのか」「どうすれば良いのか」わからない方も少なくないはずです。
そこで今回は、「Webアクセシビリティ」についてご紹介したいと思います。

Webアクセシビリティとは

そもそも、Webアクセシビリティとは何なのか、簡単にご説明したいと思います。
"Webアクセシビリティとは、主に高齢者や障害者など身体に障害や不自由のあるWeb利用者に配慮したホームページ
などのWebサービスを提供し、アクセスした誰もが容易に情報を共有できる 状態にあることをいいます。"
※上記参照 JAWAA
簡単に言うと、どのような状況であろうとWebコンテンツや機能を十分に利用できるサイトのことを言います。

f-fujiwara_2015_10_1_001.jpg

Webアクセシビリティの重要性

では、Webアクセシビリティの向上が求められているのはなぜでしょうか・・・。 それは、そのサイトの利用者・コンテキスト・デバイスの多様化してきているためです。 どのように多様化してきているのかまとめてみました。

利用者の多様化

・大人
・子供
・障害者
・高齢者
・機械

コンテキストの多様化

・両手が塞がっていて使えない
・直射日光の反射でまぶしい
・手が汚れて触れない
・電車の中で音声出力ができない
・画面の故障

デバイスの多様化

・画面サイズの種類がたくさんあるデバイス
・タッチパネルのデバイス
・キーボードがないデバイス
・マウスがないデバイス
・音声入力デバイス
・指圧デバイス

など、インターネット普及率に伴い、利用ユーザーも利用デバイスも利用環境も以前に比べて増えています。 そのため、どのような状況下でも利用・操作可能な代替手段が求められているのです。

Webアクセシビリティのポイント

Webアクセシビリティのポイントは3つあります。

人が理解しやすいこと

当たり前のことかもしれませんが、その「当たり前」が抜け落ちていることが多くあります。 例えば、画像にテキスト情報(alt属性)をつけているかや、ページタイトルは内容がわかりやすいものを短く簡潔に なっているかが挙げられます。

機械が理解しやすいこと

使うのは人間ですが、それを動かすのは機械(システム)です。

機械にとってよくないことは、人間にも影響があります。
例えば、Javascriptを記載した際に、簡易的な書き方があるにも関わらず、それを知らずにとても複雑な
ソースを記述したとします。
その場合、機械側は読み込むのに時間がかかります。
そのため結果的に、ページの表示速度に影響があるのです。

複数の手段があること

前述でも記載しましたが、コンテキストにより様々な状況があります。
手が使えない場合もあれば、音が使えない場合もあります。
これは、環境だけではなく障害者にも該当します。
その場合に、複数手段があることが重要です。
手が使えないのであれば、声で。耳が使えないのであれば目で。といったように利用・操作可能な代替
手段が存在することWebアクセシビリティのポイントになります。

まとめ

海外では、法律で義務化が進められているほど、とても重要視されてきています。 いずれは、日本にもWebアクセシビリティの義務化がきてもおかしくないほどです。 Webの普及率も年々増加しており、様々なデバイスも登場してきております。 そんな状況下では、制作者は最低限のWebアクセシビリティの対応は必須なのではないでしょうか。 ぜひこの機会に、Webアクセシビリティと向き合っていただければと思います。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作

text_totop