顧客満足度の高いホームページ│Web制作会社の顧客満足度アップコラム

Columnコラム

品質保証・顧客満足度

顧客満足度の高いホームページを作るためにやるべきこと

顧客満足度の高いホームページを作るためにやるべきこと

2015/11/25
このエントリーをはてなブックマークに追加

どの企業も顧客満足度の高いホームページで売上向上やブランディングの向上、お問い合わせの向上を目指しています。
しかし、思うように顧客満足度が上がらずに悩んでいる企業もいらっしゃいます。
そのような悩みをされている企業の方々へのヒントをご紹介します。

マイナス評価になる要因とは

ホームページ制作で顧客満足度を下げてしまう要因としてサイト自体が見られない、表示がされるまで時間がかかる、間違いだらけの情報、機能が使いづらい事が上げられます。

hpmiyazawa_01.png

マイナス原因を探り解決する

「マイナス評価になる要因とは」で挙げた4点が1つでもあるとマイナス評価をされて顧客満足度の向上を望めません。
まずは自社サイトがマイナス評価されるものがないか分析を行います。
分析をした結果、マイナス評価の原因が判明しましたら原因を解決するための対策を行います。
ここで解決して初めてマイナス評価を回避できるようになります。
マイナス評価になる要因を除いてからプラスの評価になる要素を加えていきます。

プラスの評価を増やすには

プラスの評価を増やすには自社の強みがどこにあるのかを分析し、その強みをどのようにしたらホームページに展開することができるのか検証を行います。
ホームページに展開するのが難しい場合は代替案があるのか調査します。
また、どのようなところで顧客満足度を向上させたいのか目標を定めます。
例えば、売上を伸ばしたいという目標であれば、売上を伸ばすためには、お問い合わせを増やすもしくは商品購入サービス提供をしやすくし、現状の売上からいつまでに、どれだけ向上させたいのかなど細かく決めます。
それによって顧客満足度を高めるホームページに近づけます。

継続する大切さ

新規でWebサイト立ち上げもしくは、リニューアルをして顧客満足度を上げたとしても、それで終わりではないです。
立ち上げたまま更新をしなければ評価が落ちてしまい、顧客満足度が下がってしまいます。
ユーザーが何を求めているのか分析し、そこから更に改修をしていく必要があります。
顧客満足度を一時的に上げるのは時間とコストをかければできますが、継続して顧客満足度を継続するには常にユーザーの動きや声に耳を傾ける必要があります。

hpmiyazawa_02.png

まとめ

いかがでしたでしょうか。
顧客満足度を上げるには継続して良いものをユーザーに提供する必要がございます。
また、悪い評価が一時的にされたとしても、評価を真摯に受け止めなくてはなりません。
きちんと対応する事で、悪い評価をされる前よりも顧客満足度を上げることが可能です。
ユーザーにとって有益であるサイトであれば顧客満足度を高めましょう。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作

text_totop