費用対効果抜群!│Web制作会社のリマーケティング関連コラム

Columnコラム

Webマーケティング

費用対効果抜群!リマーケティング広告について

費用対効果抜群!リマーケティング広告について

2015/11/09
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット広告には様々な形態が存在します。
今回は、その中でも定番の広告形態である、リマーケティング広告について簡単に紹介しようと思います。

リマーケティング広告について

一度ECサイトで商品を見たあとに、全く別サイトの広告に自分が見た商品が表示されていることはありませんか?
既に訪問したことがあるサイトの商品や、サービスがバナーとなって他サイトに表示される広告のことをリマーケティング広告と呼びます。

一度サイトに訪問したユーザーに対して広告を打ち出すのがリマーケティング広告の特徴ですが、
新規の顧客ではなく、一度サイトに訪問した顧客に広告を打ち出すメリットはどこにあるのでしょうか。

サイトにおける「見込み客」とは

一度サイトに訪問したユーザーというのは、サイトにとっての「見込み客」となります。
例えば、ECサイトに一度でも訪問したユーザーは少なからず、購入の検討をしているというわけです。
その場ではコンバージョンに至らなくても、それはコンバージョンする可能性のあるユーザー、つまり、
「見込み客」といえるのです。

「コンバージョンの機械を取り戻す」リマーケティング広告の効果

ユーザーはウェブサイトのサービスや商品を検索してサイトに訪れたわけですから、
当然ある程度の関心と興味はあります。
ですが、初めてサイトに訪問したユーザーがその場で即決し、商品を購入する確率は低いといえるでしょう。
それがどんなに優れたサービスや、使いやすいウェブサイトだとしてもです。
なぜなら人は他サイトのサービスと見比べながら比較し、検討を行うからです。

比較段階でユーザーがサイトを離脱してしまえば、残念ながらコンバージョンの機会を損失してしまうこととなるでしょう。
しかし、このタイミングでリマーケティング広告を打つことによって、「コンバージョンの機会を取り戻す」ことができるのです。

adachi_2015_9-2_001.png

リマーケティング広告の特徴

そのほかにも多くの特徴がこの広告には存在します。

1.性別、年齢、掲載日時、掲載地域の設定
性別から掲載日時や地域まで自由に指定することができ、より期待値を高めることができます。

2.クリック報酬型広告
1クリックに対しての広告費用なので、掲載に関しては無料で行うことができます。
クリックするユーザーは基本的に広告内容に興味があるユーザーなので、費用対効果も高いです。

3.イメージバナーの掲載
イメージバナーの掲載により、テキスト広告以上の高い訴求とインパクトを与えることができます。

このようにターゲットを絞り、広告を発信することができるため費用対効果に優れた広告といえるでしょう。

まとめ

リマーケティング広告の利点について簡単に紹介しましたがいかがでしたか。
利点ばかり目立つリマーケティング広告ですがあまりのしつこさにストーカー広告などと
呼ばれてしまうこともありますので広告の打ち出し方には一工夫が必要になります。

サービスや売り上げ、ブランディングの向上にも使える広告手法ですので、
企業サービスのPRや、商品の売り出しに、費用対効果抜群なリマーケティング広告を上手に活用していきましょう。

ホームページ制作でお困りの方はホームページ制作会社ティファナにご相談ください!

お問い合わせはこちらから

関連するサービス

ホームページ制作

関連キーワード
text_totop