IoT、IoEの違い│東京のWeb制作会社のIoT/IoE関連コラム

Columnコラム

ITトレンド・最新技術

IoT、IoEの違いと今後の可能性

IoT、IoEの違いと今後の可能性

2015/09/10
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットの環境が整備され技術も発達したことにより
新たに登場したのが、最近注目されています IoE というワードです。
IoE理解し活用する事で様々な可能性を高める事ができます。

IoT、IoEの特徴と違い

「IoE」と似たもので「IoT」というものがあります。
IoT(Internet of Things)は「モノのインターネット」という意味で、
IoE(Internet of Everything)は「全てのインターネット」という意味になります。
一見、「IoT」と「IoE」は似ているようにも見えますが、
IoTはモノの状態や周辺環境などに紐付いた情報で
IoEは人や場所に紐付いた情報でIoTよりも範囲が広いのが特徴です。
「モノのインターネット」の一例として、自宅にあるエアコンを
スマートフォンからインターネットを通じて
外出先から操作できるようにさせられます。

IoEを進める課題

IoEを実現するために大きな課題となっているのは
セキュリティの安全性を求められています。
インターネットが普及し環境が整備された事により
外部との繋がりが広まる分だけ、機密情報が漏れやすくもなります。
IoEを始める前に想定できる脅威とリスクを洗い出して、
対応するための施策を構築する必要があります。

miyazawa_07_second01.jpg

IoEの重要性

技術が発達した事によりインターネットを通じて、
世界中と繋がるようになり様々な可能性が見えております。
ビジネスチャンスや新しい体験や豊富な体験で世界各国での
成長を促進させています。
技術も発達することで情報速度も高速化され、
インターネットを使うための機器や、
端末に使われる精密機械も小型化もされます。
また、機材や機械の価格も安くなる事で
誰でもインターネットが身近に使える環境になり、
更なる発展に繋がります。

IoEの今後

IoEの今後の動きとしては、それぞれ違うシステムのために
不可能とされていた事も可能となりつつあります。
例えば、インターネット経由で家電や自動車と繋げる事や、
自宅にいながら会社でも業務を行う事もできます。
ただし、活用をできるようにするためには
活用するためのWeb制作とシステム制作の構築が必要になります。
ユーザーは様々な環境でインターネットを使っているので、
ユーザーのインターネット環境を把握して対応できるように
する必要があります。
また、使用するコンテンツによっては著作権や肖像権などの
問題も考慮もしなくてはならないです。

まとめ

今後、大きな展開が望めるIoEをこれから活用していくためには
環境整備とコンテンツを構築するためにクリアしなくてはならない
課題(著作権や肖像権など)、ユーザーが求めるモノをリサーチして
作り上げたWebコンテンツの構築が発展への鍵となります。
Webデザインのトレンドと同時にこれからの科学技術の進展にも
注目して技術と絡めて行く事が重要となっています。

miyazawa_07_second02.jpg

関連するサービス

ホームページ制作

text_totop