PCサイトとスマートフォンサイト│Web制作会社のスマホサイト関連コラム

Columnコラム

Web制作

PCサイトとスマートフォンサイト

PCサイトとスマートフォンサイト

2015/07/28
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、少し前にGoogleが重要なアップデートがあったのは覚えていますか?
そうです、Googleから告知があったモバイルファーストのアップデートです!!

これを機に、PCサイトやスマホサイトを見直したという企業様も多かったのではないでしょうか。
ティファナでも、お客様からご質問やご相談をたくさんいただきました。

モバイルファーストのアップデートが行なわれ、改めてPCサイトとスマホサイトの違いを考えました。
今回は初心に帰って、PCサイトとスマホサイトの違いをご紹介したいと思います。

PCサイト

PCサイトは画面が大きく、マウスやキーボードを使って操作します。
ユーザーの動きは「Fの法則」や「Zの法則」に従ってページを閲覧します。

クリック箇所はオンマウスでマウスポインタが変わる、色が変わる等わかりやすく変化します。

サイトの長さは長すぎると、スクロールが面倒になりユーザーが行きたいところにすぐに行くことができないので、ある程度の長さで止めないといけません。


img_fandz01.jpg

スマートフォンサイト

一方、スマートフォンサイトは画面が小さく、指で画面をタッチします。
ユーザーの動きは、直感的で動きが早いのが特徴です。スクロールで上から下で閲覧します。

指でタッチをするので、クリックする箇所はタップしやすく大きくする必要があります。
またクリック箇所であることもわかるように、クリックエリアを明確にする必要があります。

サイトの長さは、スクロールが簡単に速くできるので、縦長になってもユーザーは負担になりません。

どっちが良い?

PCとスマホの違いはまだまだありますが、今回は特にわかりやすいものだけを抜粋しました。
今回ご紹介した部分だけでも、これだけ違いがあるとPC/スマートフォンの両サイトが必要なのは皆様、お気づきかと思います。

どっちが良いのではく、どっちも必要なのです。

でも、2サイト分の更新となるとがなかなか大変で、面倒・・・。

そんなときにはレスポンシブにすることをおススメします。
ワンソースで更新可能です!
2サイト分の手間が1サイト分、半分しか手間がかかりません。

更新の負担が軽いレスポンシブにも欠点が。
両デバイスに対応させるために、デザインやレイアウトの制約があります。。

PCサイト・スマートフォンサイトを制作するときにどちらが良いかは、サイトの重き(目的・ゴール)をどこに置いているかで変わっていきますので、選ぶときにはじっくりと考えることをおススメします。

最後に

今回は、PCサイト・スマートフォンサイトの違いについてご紹介しました。

PCやスマートフォンがすでに普及し・定着しているからこそ、違いを忘れていたり、わかったつもりになっていたりするものです。

Googleのアップデートが行なわれ、「わかっているものでも、見直したり、考えなおしてみたりする必要があるな」と、改めて感じました。

今回感じたことは、Webサイト制作だけではなく、他のことにも通じることだと思いますので、私自身気を配って考えて行きたいと思います!

以上、IAのヤリミズでした。

それでは、また次回のコラムで!!

関連するサービス

ホームページ制作

text_totop