ホームページの更新メンテナンス│web制作会社のPDCA関連コラム

Columnコラム

ITトレンド・最新技術

ホームページの更新メンテナンスに役立つPDCAサイクルの基本について

ホームページの更新メンテナンスに役立つPDCAサイクルの基本について

2015/06/23
このエントリーをはてなブックマークに追加

pdca_20150615.01.png

突然ですが、みなさんは「PDCAサイクル」という言葉をご存知でしょうか?
社会人になると急にこの言葉を聞くようになり、上司・先輩方から「PDCAサイクルを回せ」と言われている方も多いのではないでしょうか?

仕事の基本はこの「PDCAサイクル」だと言われており、「PDCAサイクル」を回すことにより仕事の業務効率や生産性、品質がアップしていくとされています。

当然、ホームページの更新メンテナンスや運用・運営においてもこの「PDCAサイクル」を当てはめることが出来ます。

PDCAとは「Plan・Do・Check・Action」の頭文字

PDCAサイクルの「PDCA」とは「Plan・Do・Check・Action」の頭文字を取った略語で、それぞれの意味は以下のように言われています。

P...Plan:計画を立てる
D...Do:実行・実施する
C...Check:評価し振り返る
A...Action:改善・処置する

まず「P」で計画を立て→「D」で実行・実施し→「C」で結果を評価し振り返る→そして「A」では評価や振り返った内容を元に改善を行う→そして「P」に戻る・・・という、業務効率や生産性、品質管理の精度を上げていくビジネス・フレームワークです。
このPDCAサイクルをくるくると何度も回していくことがとても重要で尚且つ難しいと言われています。

なかなか上手くいかないPDCAサイクル

多くの場合PDCAサイクルを回さないといけないと分かっていても、「C」のチェックが甘かったり「A」の改善をしないまま進めてしまい、結果的に「P」→「D」の繰り返しになっているのがよくあります。

また、「P」の部分が精神論に基づいた目標設定・計画になっていても上手く行きません。ある程度数値化した目標設定・計画になっていないとその後の「D」「C」「A」が機能しません。

私のいた会社では上層部が「PDCAだ!」などと、ほざいてましたが漫画の様にPlanは現場の情報を無視した上層部の希望的観測により立案されDoに至っては既存の組織にPlanを丸投げし「なんとかしろ」と言うだけで戦略の提案も、人員の再配置、最適化はありませんでした。

次のステップであるCheckにより上記問題は洗い出されるはずであり目標が未達なのは、①Planに問題がある or ②Doに問題がある のどちらかです。
しかしPlanに問題あると結論を出せば、上層部を批判することになりその責任は曖昧にされDoへ責任転嫁されるのです。
そして最後のCheck段階では「猛省しております!次は頑張ります!」などという、具体案無き精神論を吐いて次の計画に移るという状態が恒常化していました。

出典:日本企業でPDCAサイクルが機能しない訳 | 日系パワハラ

ちなみに、こう言った意見もあったりします・・・

pdca_20150615.02.jpg

PDCAサイクルって、Plan(計画)→Disaster(破綻)→Chaos(混沌)→Action(とにかく何とかする)だよねえ、普通。

上手くPDCAサイクルを回すには?

兎にも角にも一連のPDCAサイクルをちゃんとやることだと思います。
先にも述べたとおり、PDCAサイクルは「くるくると何度も回すこと=継続して続けること」が重要で、一度のPDCAサイクルを回しただけでは、根本的な解決にはなりませんが、次に繋がるヒントや改善策は見つかるはずです。

PDCAサイクルをくるくる回して、日々改善策を積み重ねていくことが、問題解決の最短ルートなのではないかと思います。

まとめ

ホームページの運用・運営を行っている担当者やマーケティング担当者は日々「PDCAサイクル」を回すことを意識して置かなければなりません。
せっかくホームページをリニューアルしても情報更新を怠っていたり、計画性がなく業界や競合企業の動向を考慮できていない運用・運営と言うのは、残念ながらホームページの本来持っているポテンシャルを100%発揮しているとは言えません。
ホームページに訪れるユーザーにはどのような層が多いのか?そのユーザーはどのようなコンテンツを見ているのか?そのユーザーに適切な情報を提供できているのか?など、仮説を立てて今後の改善策を見つけ実施して行くことが重要です。

ただやみくもにサイトの改変を実施して効果を期待するのではなく、アクセスログ解析により、明確な改善点を見つけて、仮説を立てて改良いくことで効果が実証されます。仮説が絞り込まれたら、今度は具体的な改良施策の仕様を検討・実施し、アクセスログ解析の定点観測によってその効果を検証し、また次の改善点を見つける...という様により良いWebサイトへ改良を続けていくのです。

出典:定期的なWebメンテナンスでPDCAサイクルを回す|Web制作ティファナ

ホームページやマーケティングの効果を最大化するために、みなさんも是非、日々の業務の中にPDCAサイクルを意識して見てください!

text_totop