ナーチャリング活用方法│東京のWeb制作会社のナーチャリング関連コラム

Columnコラム

Webマーケティング

Webマーケティング ナーチャリングを知ろう

Webマーケティング ナーチャリングを知ろう

2015/06/08
このエントリーをはてなブックマークに追加

実はまじめなこともちょっとは書ける吉田です。
今回はまじめにWebマーケティングの一つナーチャリング。
聞き慣れない言葉だと思いますが、企業のWeb担当者さんは知っておいた方がいい、今後のナーチャリング事情について書いていきます。

ナーチャリングとは

yoshida_01_150531.jpg

簡単に言うと、顧客育成のことです。

マーケティングの中では「リード」と呼ばれる見込み客を、実際に購買行動を起こすところまで引っ張り上げるマーケティングプロセスのこと。

せっかくの見込み客なので、できるだけ効率よく購買につなげていきたいもの。

実際どんな手法で購買までつなげていくのか、具体的なやり方を紹介していきましょう。

メールでのアプローチ

yoshida_02_150531.jpg

潜在顧客の中から、自社のサービスや商品に興味を示し、キャンペーン申し込みや、資料請求、お問い合わせ等のアクションをとった見込み客に対しては、メールマーケティングを行うのが効率的です。
見込み客の多くが興味を持つであろう情報を選定し、一斉メール配信します。
1回だけでなく、定期的に様々な内容でメールを配信し、ユーザーの反応を見ながら、どのような嗜好を持っているのかを調査、セグメントします。

こうすることで、ユーザーそれぞれの好みを顧客データとして蓄積できます。各ユーザーがどの時点でどんな行動を取ったのかをスコアリングすることで、そのユーザーのニーズや、購買意欲の強さを把握出来るので、次のマーケティング活動の指標となる、意味のあるデータになるわけです。

yoshida_03_150531.png

ユーザーに行動を起こさせる

メールマーケティングで、ユーザーの実態が見えてきました。
実際に購入まで進んだユーザーもいるかも知れませんが、まだまだ少数です。
多くのユーザーは行動を起こさず、Webに訪れはする物の、静観しているものが大多数です。
次に打つ手は、精神的な障壁の低い行動を起こさせることです。

多少のインセンティブがあれば、より効果は高まります。

具体的には...

「無料課員登録で、500ポイントプレゼント。」
「無料セミナー参加で、必ず役に立つ暮らしのハンドブックプレゼント」

皆さんも実際に申し込んだ事があるのではないでしょうか?

無料なので損はしないし、プレゼントがあるので、むしろお得だ!
であれば会員登録してみよう。セミナー参加してみよう。

この最初の行動を起こさせることがとても重要です。

実際に購買させるには

最終的に多くのユーザーが購買行動に至かどうかは、シナリオにかかっています。
様々なニーズを持っているユーザーに対し、スコアリングしてセグメント。そのセグメント毎に更に細分化してユーザーの行動毎に次に打つ手を用意しておく。
正直な所、これが正解と言った物はなく、失敗を繰り返しながら答えに近づいていくと言ったイメージです。

よって、ナーチャリングを行ったからすぐに結果が出るかというとそうではありません。

ただ、一度シナリオができあがってしまえば、後は自動的に顧客育成が可能です。

それらを効率的に行う為のMAツールという物も世の中には存在していますので、それを利用するのも手です。

ナーチャリング、実践してみてはいかがでしょうか。

text_totop