グーグルアルゴリズムとSEO│web制作会社のSEO関連コラム

Columnコラム

SEO・SEM

グーグルアルゴリズムとSEO

グーグルアルゴリズムとSEO

2015/06/05
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、「Japan IT Week春」の展示会に参加しました。
昨年は見て回る側だった私も、今年はなんと、出展側の立場です。
ティファナはSEO対策を強みとしているWeb制作会社ですので、
知識のない私でもSEOについてある程度話せなくてはなりません。
勉強会に参加したり、本を読んだりで知識を増やしました。
そんな中で気になったのが、パンダアップデートとペンギンアップデートです。
「ペンギン?パンダ?なんだか可愛らしい...。」なんて、親しみやすい名前に興味を持ちました。
では、「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」とは具体的に何なのでしょうか。
それらのことを知るためにも先ずはGoogleの考え方から学んでいきましょう。

Googleの新しいアルゴリズム

Google、Bingなどなど、幾つか検索エンジンが存在しますが、全てに対応するのは中々難しいです。ですが、2010年からYahoo!もGoogleの検索エンジンを採用しているため、
日本においては検索エンジンのほとんどがGoogleの検索ロボットと考えることができます。
Googleの考えを理解して間違った方向に進まないように考え方を学ぶ必要があります。

先ずはGoogleが考えている検索エンジンについて考えてみよう。

google_150603.jpg

現在、幅広く使用されているGoogleの検索エンジンはどのように発展してきたのでしょうか。
Googleの誕生から将来どのように進んでいくのかの動画があります。これを見るとGoogleが失敗してしまった内容やユーザーの行動分析などが分かります。Googleがこれからどのようなサービス展開をするのか、アルゴリズムのコンセプトにも触れることが出来る動画となっています。
是非、見てみてください。
▼Googleの考え方を紹介している動画
http://www.google.com/intl/ja/insidesearch/howsearchworks/algorithms.html

Googleアルゴリズムは何故日々変更されているのか。

Googleのアルゴリズムは日々、変更されており、検索ユーザーにとって理想的な検索結果が表示されるように調整を行っています。
一時期、フェースブックなどのSNSの普及により検索エンジンの衰退なども叫ばれた事がありました。いつ何時、Googleの検索エンジンに取って代わるものが出るとも限りません。
Googleは検索ユーザーをこの先も囲い込んでいくためにも日々変更していく必要があります。

まとめ

Googleの変更に伴い、私たちもWeb制作をする上で対応できるように変化をしていかなくてはなりません。
次回ご紹介する「パンダアップデート」「ペンギンアップデート」もGoogleの検索アルゴリズム・アップデートのひとつです。
一つ一つしっかりと学び、ユーザーにとって有益なサイト作りを目指していきたいです。

だんだんと汗ばむ季節になってきましたので、
みなさん、水分補給などこまめに行い、体調を崩さないように気をつけてくださいね!

関連するサービス

SEO対策・SEMサービス

Webコンサルティングサービス

Webマーケティング支援

text_totop