カクテルパーティー効果│東京のweb制作会社の売上アップコラム

Columnコラム

Web制作

Webサイト売上げアップに使える

Webサイト売上げアップに使える"行動心理学" その1

2015/05/19
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
次に挑戦する料理は「塩マグロ」と決めた、情報デザイン部門の行方です。
とあるお寿司屋さんのランチメニュー「塩マグロ丼」が美味しくておいしくて・・
私、塩味大好きなんです。
あれが再現出来たら、幸せ。ということで頑張ります!

さて、今回は料理・・ではなく、「行動心理学」についてのコラムです。

Webサイトを使うのは「人」ですから、その人の心理が関わってくるのは当然ですよね。
では、実際、Webサイトではどのように活用されてるのでしょうか・・・!?

ということで、3つのECサイトでの活用方法を見てみました。
その3つとは、オルビス、Amazon.co.jp、ヨドバシ.comです。

ちなみに、選んだ理由は3つとも"2014年度 日本版顧客満足度指数 1位(通信販売業種)"だったからです~。

今回は、2つ見てみましょう。

1つの印象がすべてを決める「ハロー効果」

印象的な1つの特徴によって、全体的な評価まで良くも悪くも変わってしまう心理現象。
1つの側面が良いと思うと、すべてが良いと思うことです。その逆も然り。

今まで一目置いてなかった人でも、実は何かを受賞している等、
凄い経歴を持っていることを知った途端にすごい人に見える。

これがハロー効果です。
人は他者を評価するとき、所属だったり経歴(学歴)だったりを大きな基準にしてしまってるんですよね。

商品広告へ有名タレントの起用するのも分かりやすい例ですね。
あの(好きな)人が使っている、という事実でポジティブな印象を持てるんです。

では、化粧品メーカーのオルビスを見てみると・・・

website_150511_01.png

あれっない?有名タレントとか、活用してない・・?

では、弊社ティファナで見てみましょう。

website_150511_02.png

そう、制作実績です。
大手企業の実績が多いこと、この1つの側面で安心、信頼いただけることも多いんです!

"あなた"に気づいてもらう「カクテルパーティー効果」

どんな騒然とした状況の中でも、自分に関係のある情報だけ見分け・聞き分け、意識が向く現象。

広告でよく使われますよね。
いろんな情報が所狭しと並んでいるページでも、「自分に関係のある話」なら見つけてもらえます。

私が、家買おうかな~なんて思っていろんな不動産サイトを見ていた頃の話です。
ニュースサイトを見ていた時、立派なマンションの写真と
「このマンションがなんと0000万円」のキャッチの広告が目にとまり、即クリック。

これぞカクテルパーティー効果。


Yahoo!やGoogleの検索エンジンで、検索した時の検索結果・ランディングページでも、
この効果は使われてますね。

「あなたに関係のある情報(商品・サービス)ですよ」とユーザーに明示することで、
ちゃんと見てもらうことができるのです。

ではでは、オルビスで検証してみましょう。

「オルビス 乾燥」と検索したところ、こんなタイトルが。

「【隠れ乾燥肌や不安定な肌へ】アクアフォースシリーズ ... - オルビス」

website_150511_03.png

おおっ!まさに、です。

クリックしてみると、こんな感じ。
20、30代の人の売上1位!乾燥が気になる人へ「しっとり」「もちもち」!

website_150511_04.png

うん、ぴったりですね。

多くの人に支持されていることもわかり、「バンドワゴン効果(今度ご紹介します)」も加わって、
商品が欲しくなります~。

まとめ

今回ご紹介しました2つですが、ご存知の方にとっては「基本」だと思います。

基本って大事ですよね。
愚直にちゃんとやっていることが成功の要因であること、少なく無いです。

私もコラムを書きながら、基本をしっかり振り返りたいと思います!

text_totop