いまでは良い思い出。。。ってい言いたいIE6│東京のWeb制作会社のWeb制作関連コラム

Columnコラム

その他Web関連

いまでは良い思い出。。。ってい言いたいIE6

いまでは良い思い出。。。ってい言いたいIE6

2015/04/08
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、コーディングディレクターの藤田です。嘘です。
違った!嘘じゃないです!
コーディングディレクターです!
いままでコーディングの事を書かず、煙に巻いていましたが今回は自分のドメインに合った内容ですよ。

すこしは楽になりました。ブラウザ対応

htmlコーディングを行う中で骨が折れるのがブラウザ対応。
お分かりかと思いますがIE6対応がもう大変。。。

なんでそう解釈した!
ほかのブラウザはちゃんとしてるでしょー!!
お・ま・え・だ・け・が!
えっ!私のブラウザ崩れすぎ!

と、イライラされられましたが、 2014年4月にWindows XPサポートが終了し、IE6対応が業界的に「必須」感はかなりなくなりました。

img_ie601.jpg

そもそも何がいけないの

巷でも忌々しいと言われているIE6、具体的になにが問題かといいますと

・CSSの解釈が特殊すぎる(floatを掛けるとpaddingが2倍とか)
・JavaScriptがとにかく重い
・透過 PNG が使えない
・セキュリティーが弱い
・タブブラウザが付いていない

など、挙げればキリがありません。
作る側にも厄介ですが、利用する側にもリスクがあるのが致命的だと思います。

どう対応してきたか

IE6だけ表示がおかしいって事で、htmlを全て組み直すわけにも行きません。
という事で、IE6に対してだけ適用されるstyleを記載して対応してきました。
いわゆるcssハックと言うものですね。

cssハックとは主にブラウザのバグを利用した裏技です。
バグの多いIE6はバグを利用して対抗するとは、まさに「毒を以て毒を制す」
なんとなく「ざまみろ!!」って感じです。

しかし、ハックを使うとcssが煩雑になってメンテし難くなるんですよね。。。

img_ie602.jpg

そんななか、業界の流れは

先に言ったように、 Windows XPのサポートが終了した事で、IE6対応は特別なものになりつつあります。
基本的には対応しないという流れが強いですね。(私の願望が8割ほど入っています)

IE6対応自体が別料金という制作会社も出てきているようです。

グーグルは既に5年前、2010年3月にサポートを終了し、Yahoo!JAPANも同年12月にサポートを終了しています。

とはいえ、IE6で稼働する業務アプリケーションを使用している企業では、バージョンアップすると動かなくなる可能性があるなどの理由で使用し続けざるを得なかったり、完全に無視できる程のシェアではないなど、現実としてまだ対応が必要な状況ではありますね。

まとめ

今回の内容、わたしの愚痴だったのかもしれません。。。

しかし、やはり看過できないのはセキュリティー面です。
web制作者としては毅然とした態度でIE6の廃止を勧めたい!

モダンブラウザでは素晴らしい表現ができますよ!!(心の叫び)

関連するサービス

ホームページ制作

関連キーワード
text_totop