今さら聞けない!アクセスログ解析のやり方コラム│東京のWeb制作会社のアクセスログ解析関連コラム

Columnコラム

アクセスログ解析

今さら聞けない!アクセスログ解析のやり方コラム ~3つの基本指標編~

今さら聞けない!アクセスログ解析のやり方コラム ~3つの基本指標編~

2015/03/03
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

つい先日、よく行くクライアント先まで外出に行く途中、電車の中で一緒にいた社員と話をしていると何を勘違いしたのか降りる駅を間違えて引き止められてしまいました。

WEBもそうですが、日常の中でも目的・ゴールを見失ってはいけないと反省しました。
そんなティファナコラムのアクセスログ担当もやってます、横山です。


本日は、WEBサイトを立ち上げて、いざアクセスログを見てみよう!とツール画面に入ったのは良いけど、様々な用語が並んでいて何をどう見ればいいのだと嘆いているWEB担当者の方々に必見のコラム記事を書いていこうと思っています。

そんなことを嘆いているWEB担当者、世の中にもまだ多いのではないでしょうか?

このコラムでは、アクセスログに関する用語から実際にどのようにしてログを役立たせていくのかまで、じっくりとご紹介していくものです。

今回は、「3つの基本指標」ということで、全くのログ解析初心者ですという人に向けた内容となっているのでご了承ください。

では、早速説明していきましょう。

1.このサイトに訪れる人はどこから来たのか ~リファラ~

自分達が運営しているサイトに来たユーザーは「どこから来たのか」を調べるときには「リファラ」と言われる情報から読み取ることができます。
よく「参照元」だったり、「リンク元」とかで表現されているケースもあります。

アクセス解析ツールによっては、表現方法は異なりますがログ解析ではそれぞれ同じことを指していると思ってもらっても良いです。

このリファラ情報を見ることによって、どの検索エンジンからの流入が多いのか、どういった外部サイトを経由してサイトに訪れたのか、ネット広告を出していた場合は、その広告からどの程度クリックされて訪れてきたのかを調べることができます。

つまり、運営しているサイトの流入経路や傾向を知ることができるので今後、サイトに対して集客をする場合にどの経路を強めるべきか、どの広告の費用対効果を改善すべきかなどに役立たせることができるため、ログ解析においては非常に重要な指標の一つであると言えるのです。

意外にもこのリファラに関してはあまり見ていないWEB担当者の方々が多く、見落としがちなのでこのコラムを読んでいて、

「うちのサイトのリファラ情報なんて見てないな」

なんて思ったら先ずは確認しておきましょう。

それと、このリファラ情報を調べたときに多くのサイトでよくある傾向として「ノーリファラ」とカウントされているデータが出るときがあります。

これにはいくつかの理由があり、ノーリファラとなってしまう場合があります。

その多くは、ブラウザに直接URLを入力する、ブラウザのお気に入り(ブックマーク)からサイトを訪れた場合です。

直接URLを入力したりはしないだろう、と思われる人もいますがたとえば英語圏のユーザーに向けたサイト(英語版のサイトを持っているなど)だった場合、訪れるユーザーは日本語ではなくアルファベットを主としたユーザーもいるため、URLを直接入力することに抵抗も少なく、その傾向が強いと言われていたりします。

お気に入りに関しては、みなさんもよく利用した経験がありますよね?
このコラムも「ちょっとためになりそうだから、お気に入りに入れておこう!」と思ってもらえると嬉しいのですが・・・笑

なので、ノーリファラが多くカウントされたりするのです。

また、もう一つの理由として挙げられるのがユーザーログ型のアクセス解析ツールを利用していた場合になるのですが、サーバー側の設定によってはリファラ情報を残さない設定となっているときに発生します。

ログ解析のリファラ情報を見た際に、そのほとんどがノーリファラとなっていた場合には、サーバー設定による原因も考えられるため、注意も必要です。

accesslog3step_15030201.png

2.どのようなニーズを持ったユーザーなのか ~検索キーワード~

先ほど、説明したリファラではどの検索エンジンを利用したかまでは掴むことはできましたが、そこから更に一段階、掘り下げて「どのようなニーズを持ったユーザーなのか」を見たいときに重要となってくるのが、「検索キーワード」です。

なぜ、検索キーワードを見るとニーズが分かるのか?について先ずは説明しておきます。

多くのユーザーは何らか調べものをしているときにインターネットの検索エンジンに対して、調べたい内容を検索キーワードというかたちで打ち込み、出てきた結果の中から選んでサイトへと訪れてくるのが一般的です。

そのため、たとえば「簡単にダイエットできる方法が知りたい」と思っているユーザーが「簡単 ダイエット 方法」と調べてサイトに訪れてくるのでその人が何について知りたいのかおおよそのニーズの見当が付くのです。(検索結果に運営サイトが出てくるのが前提)

それと、サイトには訪れたけどすぐに帰ってしまうようなら、きっとそのキーワードとサイトのページがうまく噛み合っていないことが「検索キーワード」と訪れたページ(ランディングページ)を見ることで分かったりもします。

また、多くのアクセスログ解析ツールではこの「検索キーワード」を大きく2つに区別されていることが多いです。

1つは、検索エンジン(Yahoo、Google)で検索したときに検索結果の上部や右側にスポンサー枠があり、そこをクリックして訪問した場合の検索キーワードです。

この検索キーワードをログ解析では、「有償検索」もしくは「広告ワード」と言った表現をします。
スポンサー枠以外のところをクリックして訪れてくる場合の検索キーワードのことを「自然検索」もしくは「オーガニック検索」と表現したりします。

大きくはこの2つに区別することで、キーワード広告(リスティング広告)での効果はどの程度あったのかなど、効果測定をするときにも重要となり得る指標です。

ただ、Googleに関しては検索をSSL通信することになったため、検索キーワード自体がうまく取得出来ない状態が最近になって起きています。

どうすれば、この状態でも検索キーワードを調べることが出来るのかは、また別の記事で細かく説明します。

今日のところは、「検索キーワード」で分かることを掴んでもらえればと思います。

accesslog3step_15030202.png

3.どのぐらいアクセスしているのか ~ページビュー、セッション、ユニークユーザー~

これで、「どこから来た人たち」で「どんなニーズを持った人なのか」まではアクセスログ解析で読み解けるようになったと思います。

次は、いよいよ「どのぐらいアクセスしているのか」を掴むための指標について、それぞれ説明していきます。

「サイトのアクセス数」とよく会話の中でも出てきますが、このアクセス数という言葉にはログ解析の世界では、いろいろな指標があるのです。

先ずは、その中でもよく使われている言葉のひとつとして「ページビュー(以下、PV)」というのがあります。
アクセスログ解析ツールの中には、「ヒット数」と表現しているものがありますが同じ意味合いだと思ってください。

よくポータル系サイトに広告を出すときに「このサイトは月間で100万PVあります」とか言われたりしますが、これはページを表示された回数のことを指しているのです。

ページが表示された回数?と首を傾げてしまう人のためもう少し詳しく説明します。

例えば、訪問してきた人が最初にサイトのトップページを開いたとします。
このときトップページが1ページ読み込まれたので、ログ上でのPVは1PVとしてカウントされるのです。
次にトップページから、どこかをクリックして次のページが読み込まれると更に1ページ読み込まれたので、
合計で2PVとカウントされます。

このように、PVと言うのはそのWebサイトのページまたは全体でどれだけ閲覧されているのかを図る指標として使われたりします。


次に、「セッション」というアクセス数の指標についてです。

これは、1人のユーザーがある一定の期間(多くの場合は時間で見ている)内に訪れてから離脱をするまでの行動を1セッションとカウントする指標なのです。

先ほどのPV数よりも、このセッション数のほうが少なくなる傾向ですがPV数とほぼ同じ数値だった場合には、そのサイトのほとんどのユーザーは再訪問せずに1ページ程度しか見られていない可能性があるといった見方もできます。

ただ、ツールによっては「訪問数」や「訪問者数」と表現する場合もあり、他の指標のことを指すことがあります。また、ツールによってセッションの考え方や表現方法が異なるので注意も必要です。


そして最後が、「ユニークユーザー(以下、UU)」についてです。

これは、ある一定の期間内に訪れた重複しないユーザー数を示すカウント方法のひとつです。
そのため、これがサイトに訪れている本来のユーザー数のことを指します。

このUUのカウントについては、多くのツールではCookieを発行することでユーザーが同じ人なのか、それとも別の新たな人なのかを区別しているのです。

ただし、これはあくまで同一のパソコン端末からアクセスした場合は区別できますが同じ人であっても異なるパソコンからアクセスした時は、別ユーザーとしてカウントされてしまうため、正確なUUをカウントするのはどのツールを利用したとしても困難なので、厳密にはユニークではないということは頭の片隅に入れておく必要があります。

以上のようにPV、セッション、UUについて説明しましたがアクセス数といった場合でも様々な指標があるので、サイトの特性などを考えてどの指標を使って見ていくべきかはまたの機会に説明したいと思います。

先ずは、これだけの指標があるということとそれぞれの数値の見方について知っておいてもらえれば今日のところはOKです。

accesslog3step_15030203.png

4.まとめ

アクセスログの基本指標について学べましたでしょうか?

アクセスログというのは、専門用語がたくさん出てきて分かりづらいと思われることがありますが、ひとつひとつ噛み砕いていけばそれほど難しいことは無いはずなのです。

今日のところは基礎中の基礎だったと思いますが、これからもひとつひとつ分かりやすく説明していきたいと思いますので、今日はこのへんで。

関連するサービス

アクセスログ解析

関連キーワード
text_totop