ランディングページの基礎を知ろう!│web制作会社のweb制作の関連コラム

Columnコラム

Web制作

ランディングページの基礎を知ろう!

ランディングページの基礎を知ろう!

2015/02/19
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。通勤時は風邪予防でマスク着用を心掛けるデザイナーの智哉です。

皆さん、今さらですが年末年始はどのように過ごされましたか?
私は地元に戻り、日々お酒を飲んでいました。
年末年始といえば、特別セールのチラシや広告を目にする機会が多かったでしょう!
広告を見て、つい商品を買ってしまったという方もいるはずです。

皆さん、web上にも広告があることにお気づきでしょうか?
Google検索結果の上や右の領域にテキストだけの広告、ニュースサイトやブログサイトに画像の広告などいろいろな広告がweb上には存在しています。
今回は、その広告をクリックして飛んだ先のwebページ、ランディングページというものをお教えします!

ランディングページの存在意義は?

「ランディングページ」とは1つの商品やサービスを売り上げ・お問い合わせを上げるために最も重要なページになります。
なかなかイメージができないと思いますが、例に挙げると、とある畳屋さんではランディングページを作ることでコンバージョンが6.7倍に増えたという報告があります。
ランディングページを作ることで、売り上げやお問い合わせを増やせる可能性が大いにあるのです。

img_landingpage01.jpg

ユーザーをランディングページに飛ばす理由は?

ランディングページを作ることの理由としては主に3つあります。

(1)広告の内容を見て限られたユーザーがサイトに訪れるため、その限られたユーザーに対して最適な内容になりやすい。
(2)限られたユーザーが求めている情報を1ページにまとめられ、リンク数も少なくできるため、ページ遷移での離脱率が減る。
(3)限られたユーザーに最適なサイトを作成するよりも、ランディングページを作成したほうがコストが安い。

上記の理由を見てみると断然ランディングページを作成したほうがいいですよね。

目的によってランディングページの内容は異なる

ランディングページの内容も目的によって大きく変わっていきます。自分がランディングページで何をしたいのかを明確にしないと、その商品やサービスに合っていないランディングページができてしまいます。

目的 ランディングページの内容
商品の売り上げを伸ばしたい 直接触れないため、写真や情報が多い
冠婚葬祭などでのサービスを売りたい 写真でイメージを伝えることが重要
無料会員を増やしたい 無料であるため、情報量を減らし短くすることが多い
有料会員を増やしたい サービスを理解してもらい登録してもらうため、情報が多めで長いことが多い
資料請求を増やしたい 簡単な説明で興味を引かせ、資料請求をしてもらう
BtoBに対して商品・サービスを売りたい 機能・サービス一覧や比較表を載せることが多い

表のように、目的によってランディングページの内容も異なります。インターネットは実際に手にとって商品を見ることができないため、ランディングページには様々な情報を載せています。そのために、webサイトの1ページと比べてランディングページは長い傾向があります。

ランディングページを制作するにあたっての費用感は制作会社によって10万~60万と幅広くなっています。
現状の分析を行うかの有無やデザインの品質などから制作会社での費用感は異なります。
ランディングページを軽く見て作ってしまうと「全然成果が出ない。」というお金をドブに捨てるようなものになってしまいます。ランディングページを作る際は自社と競合との立ち位置や強み弱みをしっかり分析して作らないといけません。

また、自分がランディングページを通して、何を達成させたいのかをイメージする必要もあります。
もし、イメージできない・どのようにしていけばよいのか変わらないという方は、一度web制作会社にご相談してみてください。
その道のプロがあなたの持つ目的を明確にさせることができるでしょう。

text_totop