古くなったwebデザインを刷新│web制作会社のwebデザイン関連コラム

Columnコラム

Web制作

古くなったwebデザインを刷新したい

古くなったwebデザインを刷新したい

2014/12/19
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。Webデザインを担当している望月です。
ほとんどの企業が自社のWebサイトを持っていると言っても過言ではない今、企業のWeb担当者は
 ・他社のホームページよりイメージが見劣りする
 ・他社との差別化、企業ブランドイメージの向上を図りたい
などとお悩みのようです。こういった悩みはどう解決していけば良いのでしょうか?

サイトのデザインの印象で企業イメージが決まる

イメージ戦略に合ったWebデザインで企業価値を高めます

企業ブランドを向上させるための「Webデザインの刷新」。Webデザインは企業ブランド向上のために単純に見た目を変えることと思われがちですが、決してそうではありません。
操作性や視覚効果、企業ブランドのCIに基づいたトーン&マナーに考慮することも大切です。

また、企業の価値を高め、ROIの向上や企業ブランド、ホスピタリティを向上させる効果を狙った戦略的なWebデザインだけでなく、動きをつけた見せ方、ロゴの制作までトータルに考えていく必要があります。

戦略的Webデザインにより他社との差別化やブランディング効果を図る

企業ブランド価値向上や商品のブランド向上、企業ブランド認知度向上のために、Webデザイン、つまり見た目だけを気にしてしまう傾向によく陥りがちです。
見た目がよく、格好良い動きがあればホームページに訪れたすべてのユーザーに対して、企業ブランドイメージや商品ブランドイメージを正しく訴求でき、信頼されるホームページとして評価されるかというと、必ずしもそうではありません。
ホームページ制作においては、ターゲットユーザーが誰か、ユーザーの趣味思考は何か、ユーザーが求める情報は何か、企業のWebサイトにおける最終的なゴールは何か、を踏まえた上で企業ブランドの価値を向上させる戦略的Webデザインが求められます。
また、Webデザインで大切なのは、企業のブランドのオリジナリティやユニークさと、コーポレートアイデンティティ(CI)に基づいたトーン&マナーの統一(ガイドライン)。この2点をバランスよく組み合わせることにより、企業ブランドの価値向上を図り企業の差別化、信頼性や好感度を上げることが可能です。

img_design01.jpg

デザインによるユーザビリティ向上でコンバージョン率アップ

Webデザインは、ただ単純にイメージの訴求だけを行って制作すると、使い勝手が悪く、効果の上がらないホームページ制作をすることになってしまいます。ボタンの大きさ1つとっても、ユーザーニーズやユーザーのホームページ上での導線を考え、コンバージョンにつなげるWebデザインに配慮し、企業ブランド価値の向上を考慮したホームページ制作を行う必要があります。
また、ポスピタリティへの配慮をすることで、ユーザーに心地よくサイトを閲覧していただき、リピーター(ロイヤリティ顧客)の増加を促すことも重要です。

img_design02.jpg

関係するサービス

ホームページ制作
Webデザイン制作サービス

text_totop